フォト
無料ブログはココログ

amazon

2017年10月19日 (木)

中川剛『日本人の法感覚』講談社現代新書

日本国憲法をはじめ各種の「基本法」には、輝かしい理念が述べられている。だがそれは、基本的には輸入された思想や欧米の歴史的経験の結果であって、日本の思想や日本人の歴史的経験によって得られたものではないという限界がある。

自分でないものに向かって完成していく自分を意識すればするほど、精神の飢餓感は増していく。

欧米では法は自然法と実定法とに大分けされるが、自然法は神の法であり、宗教ないし倫理に発する命令である。

基本的人権のほうはこれに対して、制約がつけられない。永久不可侵であるから、改正がありうる憲法にも優越する。「人類」の遺産であるから、日本国民が勝手にどうこうすることはできない。しかも「過去幾多の試練」によってテスト済みという保証書までついている。

アメリカは、合衆国憲法修正第一条で国教は法律によっても認められないという立場をとっている。

アメリカ独立の理由は、イギリス政府による課税その他の経済的負担にあった。

コリン・ジョイス『「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート』NHK出版

君が代の成立には、横浜に駐屯していたイギリス陸軍の軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンが大きく関わっているのである。彼は薩摩藩の伝習生に軍楽を指導することを求められたのだが、その折に、国歌の必要性を力説した。

19世紀の日本学者バジャル・ホール・チェンバレンが、来日したばかりのラフカディオ・ハーンに与えた忠告以上に適切な忠告を、ぼくは考えつくことができない。「早急に第一印象を必ず書きとめておきたまえ。いいかね、第一印象というものは霧のように儚い。いったん消えてしまえば、二度と君のもとに戻ってくることはないだろう。しかし、今後、君がこの国で経験するであろう、いかなる異国情緒とくらべても、この第一印象以上に魅惑的なものはないのだ」

鳥賀陽正弘『ユダヤ大悪列伝』論創社

ユダヤ人が慈善事業に熱心なのは、ユダヤ教の宗教的義務に基づいているからである。

ユダヤ人の聖典『タルムード』に、「真の金持ちは、寄付できる金額によって決まる」とある。

ニューヨークは、全米ユダヤ人の中で、最も多い約4分の1が住む所だけに、・・・

ユダヤ人は、ローマ人によって、紀元1世紀にパレスチナの土地を追われ、世界各地に離散した。

主要な映画会社、ユニバーサル、パラマウント、フォックス、MGM、ワーナー・ブラザースはすべて、ユダヤ人が創設した企業である。

私を1度騙したのなら、あなたの恥。私を2度騙したのなら、私の恥。

悪事は何時かばれて、引き合わない。

2017年10月17日 (火)

長尾一紘『世界一非常識な日本国憲法』扶桑社新書

政府が憲法解釈を変更してはならないというルールは存在しません。

学説と信仰告白との違いは、論証の有無にあります。

日本国憲法は、「国際協調主義」の立場に立っています。

スイスが攻撃を受けなかったのは、非武装だったからではなく、徹底的に軍備を整備していたからです。

ヤルタ会談の問題点は、バルト三国や東欧諸国に対する実質的支配権をソ連に与えてしまったこと、また、ソ連の対日参戦の見返りとして、日本の樺太南部や千島列島などをソ連に与えるとした点にあります。東欧諸国や日本などの承諾なしに、勝手にソ連の支配権を認めたわけですから、ルーズベルトの責任は重大です。

『拝啓マッカーサー元帥様』

教育勅語には何か足りないものがあったようです。それは、「国家と国民」の関係についてです。天皇と国民のあるべき関係については示されていますが、国家と国民のあるべき関係については、ほとんど示されていないのです。

「神のものは神へ、カエサルのものはカエサルへ」。祭事は教会に、政事は国王に、との意味です。

君主制は、世襲制を構成原理としています。

内田貴『債権法の新時代 「債権法改正の基本方針」の概要』商事法務

民法典第1編から第3編の財産法と呼ばれる部分だけが、1世紀以上内容的にほぼ原型が維持されているわけである。

1896年に制定された日本の民法典(明治憲法)は、国民が読むことを想定していなかったと思われる。

それまでの日本には、江戸時代に発達したいわば判例法による取引法が存在していた。

スタンダールは小説を書く前にフランス民法の条文をいくつか読んで文章のリズムを整えたといわれ、フランス民法典の文章は明晰な名文だといわれている。

日本の民法典は、・・・抽象度の高い原則だけを定めた、条文数の少ない法典となっている。

もともと民法はブルジョワジーの法典であった。

ドイツでは、商法と民法の区別は、商人や商行為概念を厳格に定義することで維持されてきた。商人が行なう商行為のための特則が商法だという理解である。

古代ローマ法では、私法上の法律関係を人、物、行為の3分類で整理するという手法が用いられていた。

法典の冒頭に巨大な総則編を配置し、そこに、人、物、行為(法律行為)のすべてについての高度に抽象化された規定を置くのが、ドイツ式のパンデクテン方式である。

2017年10月16日 (月)

別冊宝島115号『天下国家の語り方 日本と世界、政治と経済をめぐる「神話」の検証!』JICC出版局

西欧は世紀勘定だから、百年単位で自然科学的な時間の区切り方をする。ところが、日本の元号の場合は、歴史を人間の時間感覚で区切ってる。

民主主義は、少数意見を尊重するようにできている。

民主主義の強みは、政治にかかわる人びとのあいだに、一切の差別をもうけていない点である。

小選挙区制度には、少数派を多数派にすり替えてしまうトリックが隠されているのです。

アメリカが世界に誇る最強の学問である理論経済学あるいは経済政策学・・・

革命は必ず独裁を生み、反動を呼ぶ。

フランス革命は、なによりもまずカトリックとの戦いであった。

筆坂秀世『日本共産党』新潮新書

日本共産党中央委員会理論政治誌と位置づけられている『前衛』は、・・・

現在ある日本の主な政党のなかで、唯一戦前生まれの政党が日本共産党である。

日本共産党のことを「代々木」という言い方を・・・

指導機関のなかで独自に事務所を構え、党から給与を受け取って活動する常勤者を置いているのは、地区委員会までである。

「幹部」という言葉は、単なる表現ではなく、共産党という組織の本質にかかわる問題だからである。

日本の政党のなかで、企業献金も、政党助成金も受け取っていないのは日本共産党だけだ。

日本共産党の組織原則である「民主集中制」(民主主義的中央集権制)は、・・・

党全体を日常的に指導し、動かしているのが常任幹部会である。

共産党は国会議員よりも秘書の方が偉い。

金正日が、拉致を「特殊機関の一部の妄動主義、英雄主義による犯行」と語ったのは、みずからの責任は回避し、特殊機関にだけその責任を押し付けようとするものであった。

日本共産党には、「侵略戦争に反対した唯一の政党」という誇るべき歴史がある。

前田雅英『刑法入門講義 新しい刑法の世界』成文堂

法律学は、医学部や工学部の学問とは、ほぼ共通の性格を有するのです。

「唯一正しい答えがある」と考えてはいけない。

日本の治安の良さは検挙率の高さによって象徴されていたといってもよいのです。

どちらがより合理的かという微妙な選択ができる目を養う必要があるのです。

現実の問題は、必ず過去の事実を踏まえた法則を超えているのです。

構成要件該当性などの理論体系の問題は、刑法学の役割から考えると大した議論ではないのです。

ちょうど、ヘーゲルが個人の自由を強調していって、国家に従うことが自由であるというような議論にいたります。

犯罪の七割が窃盗なのです。

共犯がらみの事件のだいたい97~8%が共同正犯なのです。

2017年10月15日 (日)

久坂部羊『大学病院のウラは墓場 医学部が患者を殺す』幻冬舎新書

大学病院の外科医たちは、手術で治せる見込みのある患者には意欲を燃やすが、手遅れの患者やがんの再発の患者にはまるで興味を示さなかった。

大学病院の主な役割は、診療、教育、研究の三つである。・・・・・大学病院では、この三つのうち、研究をもっとも重視している。

大学病院の医師が書く論文のほとんどは、基礎医学の分野である。

なぜ産科医のなり手が少ないのか。それは昼夜休日を問わない激務と、訴訟のリスクの高さのためだ。

今の大学病院は、経営のためにいやいや診療もしているが、ほんとうは研究や新しい治療の開発にばかり目が向いている。

2017年10月12日 (木)

富山和彦『なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略』PHP新書

この人類史上初の少子高齢化起因による人手不足は、地方経済から始まった。

日本のGDPと雇用のおよそ七割を占めるのは、製造業ではなくサービス産業だ。

上場企業の経済活動が日本のGDPに占める割合は30%程度にすぎない。

日本企業は、ROEが低いだけでなく、売上高利益率(ROS)も低い。

農業は農産物、食品という「モノ」を扱っているので一種の製造業と考えることもできる。

注意しておいてほしいのは、法人税引き下げだけで、そんなナイスな現象が起きるほど、グローバル経済圏は甘くないということだ。

日本の本社は「つくり込み」が強いと言われる。あるいは「すり合わせ」が得意だ。

ラディカル(破壊的)イノベーションを起こす場合、純粋に民間資本と民間の知恵だけではできないということである。

GPSやインターネットは、その巨大な公的資金投下があって、初めて成立した技術である。

中小企業の9割以上は非製造業である。

地域で濃密な寡占構造をつくられてしまうと、圧倒的に物流効率と管理効率でかなわなくなる。100メートル歩くごとにセブン-イレブンがあるので、集中的に管理できるだけでなく、物流もあっという間に終わる。

日本人が侍文化ではなく農耕文化の遺伝子を持つことは、現在の会社のシステムを見れば明らかだ。

ローカル経済圏で生産性を上げるのは、規模の経済性ではなくベストプラクティス効果である。

佐藤優『現代の地政学』晶文社

英国と米国が孤立主義を選択することができるのは、海洋国家だからだ。

地政学というのは基本的にはユーラシアの話なんです。もっと言うと、東欧の話。

ユーラシアのユーロというのはヨーロッパのことですよね。ヨーロッパとアジアを合わせた地域がユーラシアですが、・・・

ドイツ人は、使える人間は徹底的に労働力として使用して、そして使えなくなったら焼却するという分類をしていたわけで、分けたくて分けたくてしょうがないんです。

シンクタンクでは、最悪情勢分析というものをやります。

ニューヨークの連邦銀行の地下には、いまだに金が大量にあります。

モンテッソーリ教育の特徴は、教育を受けた結果、エリートやお金持ちになったとしたら、自分の得たものをほかの人にも分けろと教えていることです。できる人は、自分の持っているものをできない人に分け与えないといけない。

贈与されると返礼義務を感じるという人間の心理・・・

人は受けるよりも与えるほうが幸せです。

学生団体SEALDsなんていうのは、モデルとしては新自由主義にすごく近い。・・・それは組織化しないから。

マルクス主義の理論からすると、高度に資本主義が発達したところでしか革命は起きないはずです。

マルクス経済学においては、分配というのは、資本家と地主間もしくは資本家間の分配しかないんです。

占い師で地動説をとる人は一人もいません。地動説では占いはできない。

アルメニア人も学者や芸術家が多い。指揮者のカラヤンなんかもそうでね。ヤンで終わる名前はだいたいアルメニア人です。

ロシア人の強さというのは記憶力です。

今の靖国通りは江戸時代には川だったからです。

船の中は基本的には旗国主義といって、旗がついている国の主権がそのまま及ぶことになっています。

2017年10月 7日 (土)

ヨラム・バウマン『この世で一番おもしろいミクロ経済学 誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講』ダイヤモンド社

埋没費用は、海に沈んだオレの宝箱みたいなもんか。絶対に取り戻せない。

サンクコストは、埋没させる前には意味がある。

今日のお金は明日のお金より価値が高いんだ!

期待値がゼロ以上の賭けも存在する。でもカジノの中には絶対ない。

混んでいる高速道路では等速の法則がある。

歴史を見ると、多くの飢餓は食糧不足のせいではなく、お金不足のせいで起きているんだ。

2017年10月 6日 (金)

船川淳志『ロジカルリスニング 「論理思考」と「聞く技術」の統合スキル』ダイヤモンド社

「いまどきの若者は」というセリフは、紀元前2000年頃のエジプトのパピルス草にも書かれていたほど繰り返されているようだ。

「話せばわかる」と思い込むのも、「人の意のままに動かす」なんて考えるのも、人間の驕り以外の何ものでもない。

コミュニケーションは発言者の意図ではなく、受け手が決めるという意味だ。

私は「つもり」ということを極力言わないように心がけてきた。

クリティカル思考が強い人からは「そもそも」「本来」「まず」ということばがよく出てくる。

トートロジーとは恒真命題と訳される。文字通りはずれのない命題のことだ。「明日は雨が降るかもしれないが、降らないかもしれない」と言えばはずれがない。

2017年10月 5日 (木)

河邑厚徳『むのたけじ笑う101歳』平凡社新書

老人が一人死ぬのは、図書館が一つ焼け落ちるのと同じことだ、の言葉がある。

高校生の方がこれから就職するとき、自分が『やりたいこと』と『やらねばならぬということ』、つまりやりたいとやらねばならないという二つが重なる仕事を選んでください。

スペイン語を選んだのは、世界で一番多くの国で使われる外国語だという理由だった。

東條はA級戦犯、悪い奴と言われて処刑されるけど、戦争を始めた張本人は、未だにどこのどいつかわからないんだ。

天皇が一番信用していたのが宇垣一成だった。

・・・・・あれだけの歴史体験をしながら、青年が入らない社会党はだめだと。

その当時、我々が心を引かれたのはフランス共産党。なぜなら痛めつけられた民衆が困り切っていたから、政治より国民がなんとか飯を食えるような状態を作ろうというのがフランス共産党だったから。

・・・・・古くから朝鮮半島や中国とは喧嘩もしたし、仲良くもした。いろいろあるけど、私は一族だと思っているの。

『敵が消えれば、味方も消える。敵味方一緒にいる』っていうのが毛沢東の言葉なんだけど、そういう発想は日本人はできなかったな。

2017年10月 4日 (水)

榎本篤史『すごい立地戦略 街は、ビジネスヒントの宝庫だった』PHPビジネス新書

立地戦略がビジネスモデルと密接に関係している。

飲食店では・・・・・いつもちょうど満席ぐらいがベストです。

ショッピングセンターには、たいてい旅行代理店が入っています。

チェーン店が目指す指標のひとつが、「同一チェーンで1000店舗達成」です。

セブン-イレブンの強さは、出店したらそれで終わりではなく、出店してから「さあ、どうする?」と検証し続けるところにあります。

コンビニのメインの客層は、40代男性サラリーマンといわれています。

タバコはコンビニの売上の約3割を占めるといわれています

「人口の多いところに着実にお店を出す」という戦略を徹底しているのが、セブン-イレブンなのです。

飲食店は、売上の10%くらいの賃料が理想的だとされています。

ドン・キホーテの特徴のひとつに、「アクセスが悪い場所にある」という傾向があります。

1年を通して見てると、学生街というのは閑散としている時期がかなりあるわけです。

コンビニより店舗数が多い業態があります。それは、歯医者と美容院です。

サービス業は、商品にお客様がつくのではなく、「人にお客様がつく」業態です。

自分が拠点とする地域の常識が、他の地域で通用するとは限らない。

小学校・中学校とスーパーマーケットは、親和性が非常に高いです。

お客様目線に立って、あると便利な場所に出店する。

2017年10月 2日 (月)

佐藤優『サバイバル宗教論』文春新書

宗教の本質は、人間を救済することだ。

キリスト教というのは犯罪者の多い宗教ですよね。・・・・・新島襄も国事犯です。

銀行員になると、人の顔を見る度に、その人間から幾ら稼げるか、値札がかかって見えるようになる。

日本軍は、沖縄ではもともと、航空決戦を想定していました。

キリスト教の洗礼というのは、按手礼を受けている人、すなわち牧師にしかできない儀式なんです。

キリスト教というのは、・・・・・客観的に見て、実におかしく、かついいかげんな宗教だと思うんです。

国際情勢を見るとき、神学的な見方は非常に役に立つんです。

「なぜ神が人となったのか」という受肉論

魚木先生は、仏教の本質は救済宗教だと言います。

本来、一神教というのは寛容なんです。それは、無関心に基づく寛容です。

ローマ法というのは、単なる法律であるというよりも宗教なんです。

時間には出発点があって終わりがある。直線に流れているわけです。これはユダヤ・キリスト教の伝統です。

アルジャジーラはカタールの衛星放送で、・・・

弾道ミサイルは一度大気圏を出ますから、遠くに飛ばすことができます。

イスラーム教の場合は、結婚するときに必ず離婚の条件について契約しないといけません。

ヨーロッパの特徴をつくっているのは十九世紀のロマン主義です。

日本人の宗教観は基本的に魔術的です。

宗教にとって一番重要なのは葬式に携わることです。・・・葬式をする宗教というのは最も強いからです。

日本人が物事を真剣に考えていくと、最終的には必ず西田幾太郎、田辺元たちを始めとする京都学派の発想になってきます。

大東亜戦争は、確かに思想戦でした。

フロイトの心理学にしてもユングの分析心理にしても、もともとユダヤ教のカバラの思想が現代的に形を変えたものです。

キリスト教における最大の難問は、神様は正しいのなら、なぜこの世の中に悪があるのかという問題です。

・・・スピノザなどの汎神論の考え方です。この世界は神様によってつくられたもので、その神は人格的な神ではなく、この世の中のすべてを足したものが神だという考えです。

イギリスには成文憲法がありません。憲法は文字にできないという考えだからです。

宗教改革というのは、イコール復古維新なんです。

戦前において、「国家神道は宗教でない」というのが日本政府の立場でした。

共産主義は、この民族の力というものを何とかして抑え込んで、民族ではなく階級の力によって新しい社会、国家をつくっていこうというものでした。

イスラエルの国籍を取得できるのは、ユダヤ教徒、もしくはお母さんがユダヤ人の人と決まっています。

普天間問題の本質は、沖縄に対する差別の問題です。

カトリック教会の神父は結婚をしません。

中立国というのは、中立に違反する行為をすると占領される可能性があります。

高度福祉社会というのは、同時に大変な監視社会であるということです。

言文一致ということと、ナショナリズム、近代化、産業化はつながっています。マニュアルが読めないと工場で働けません。そこから教育ということが出てきます。

マルクスの『資本論』は、実は労働者を想定して書かれたものではありません。

マルクスの『資本論』の世界には税金の話が全く出てこないということです。それから国家の話も出てこないんです。

マルクスの『資本論』は、このリカードの考え方を借用しながら、税については触れていません。

人種は民族を超えます。

共産主義思想は性善説だからです。

律令制というのは、法律によって、天皇の官僚群をつくって国家を統治していくという発想です。

自由主義のポイントは愚行権にあります。

大竹文雄『競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには』中公新書

競争が少ないと、自分の本当の長所を知ることができない。

「他店対抗」という広告の狙いは、消費者に他店よりも家電の価格が安いことをアピールすることにあるのではない。広告の狙いは、ライバル店の価格戦略を変更させることにある。

「他店価格対抗」という広告の意味は、顧客に対して必要以上に値下げせずに済むよう、ライバル店に対して「価格競争をするな」というものであり、「もし価格競争をしかけたら、お互い損をするように罰を与える」というものなのだ。

経済学者からみて、司馬遼太郎の作品で興味深いのは、合理性や競争という言葉が何度も出てくることである。

「まとめ支給」の行政的なメリットは、振込や資格確認の手間が少なくなることだ。

吉川洋の『人口と日本経済』・・・・・いくつかの問題がある。・・・・・現代のように、技術革新のスピードが速くなると、豊かであるはずの資本も陳腐化し、急速に価値が下がってしまう。・・・・・イノベーションを生むためには、社会の変化が必要だ。イノベーションを思いつく人が確率的に、たとえば1000人に1人だとしたら、人口が減れば思いつく人も減る。・・・・・そのためには教育投資をしなければならない。・・・・・最大の問題は教育だ。

専門論文や学術書を書くことは、研究者として当然のことだが、残念ながらその内容や意義が伝わるのは、専門家だけである。

小林直樹『だから数字にダマされる 「若者の○○離れ」「昔はよかった」の9割はウソ』日経BP社

「若者の○○が減っている」と聞いたら、まず単純に人口減の影響がないか、確認するようにしたい。

アルコール離れは法規制の厳格化によるものも大きいのではないか。

若者の政治参加は、ネット選挙解禁ではなく、ネット投票解禁で一気に進むのではないか。

2017年9月28日 (木)

吉川洋『人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長』中公新書

経済学という学問が確立された18世紀のヨーロッパは、人口爆発の時代でもあった。

先進国の経済成長を決めるのは、人口ではなくイノベーション・・・

人口にしても寿命にしても、それに大きな影響を与えるのは「1人当たり」の所得である。1人当たりの所得を上昇させるのは、「イノベーション」だ。

奈良時代の中央政府は、リアルタイムで日本の全人口を把握していた。

内藤湖南は、中国史の時代区分において「近代」は宋に始まるとしたが、・・・

古代ギリシアの哲学者プラトン、アリストテレスの著作に人口制限の必要が説かれている。

明治になってからも、日本政府は、過剰人口問題を解決するための一つの方法として、海外への移民を奨励してきた。

19世紀から20世紀にかけて、アイルランド、イタリア、ドイツなどヨーロッパから「新世界」であるアメリカに、人々が移住したことはよく知られている。船底の3等客室でそうした人々が不安と希望を胸にアメリカに渡っていく姿は、映画『タイタニック』にも描かれていた。

食料の供給は人口の増加に追いつかない。これこそが『人口論』の基本テーゼだ。

マルサスにとって生涯の論敵となったデイビッド・リカードは、まさに「自由貿易」がイギリスにもたらす利益を説いた。

資本主義のエンジンとも言える投資が不足すると、経済は不況に陥る。これが1936年に刊行された『一般理論』の結論である。

リカードとは反対に、マルサスは地主階級を擁護した。

工業には集積のメリットがある。・・・日本の工業化は太平洋側を中心に進められた。

1人当たりの所得水準が上がれば、子どもがたくさん生まれ、人口は増える。これがマルサスの基本命題だった。

新自由主義の立場をとる人は、市場における個人の選択こそが万事大切だと考え、一般に政府の果たすべき役割は小さいと主張する。政府は防衛や司法・警察など最小限のことをやっていればよく、小さければ小さいほどよい。

乳児死亡率の低下は平均寿命の延びに大きく貢献した。

戦前は戦後に比べてはるかに不平等社会だった。

19世紀初頭のヨーロッパにおける新思潮「ロマン主義」は、勃興しつつあった資本主義へのアンチ・テーゼとして基本的に「反経済」だった。

・・・・・『老子』は、言うまでもなく「反成長」、「反経済」である。

儒教は明らかに「プロ経済」なのである。

脳の発達した人間にとって娯楽・遊びが本質的な役割を果たすことは、名著『中世の秋』で知られるオランダの歴史学者ホイジンガが、『ホモ・ルーデンス』で指摘したとおりだ。

経済学を知っている人にイノベーションと言うと、もっぱらそれを経済のサプライ・サイド、供給側の現象だと考えている人が多い。経済の「実力」ともいえる「潜在成長率」という概念も、労働や資本が将来どれだけ伸びるかをもっぱらサプライ・サイドで積み上げていくのがスタンダードな手法だ。

多くの渡来人(帰化人)が進んだ大陸の文物をこの国にもたらしたことは、学校の歴史で習うとおりだ。

2017年9月25日 (月)

一色清他『「戦後80年」はあるのか―「本と新聞の大学」講義録』集英社新書

私は、1979年が「戦後」の大きな分岐点だったと考えています。

イタリアは法理的には戦勝国なんです。

だいたい、イタリアは1945年7月には日本に宣戦布告しているんです。

東ドイツは「戦勝国」なんです。東ドイツはナチスと闘い続けたコミュニストが戦争に勝利して建国した国だという話になっている。だから、東ドイツ国民はナチスの戦争犯罪に何の責任も感じていない。感じることを国策的に禁止されていた。

現代アメリカにおける「メキシコ問題」というのは、遠因をたどれば「アラモ」の物語があまりに薄っぺらだったことに起因していると言ってもよいのではないかと僕は思います。

靖国参拝問題が、あれだけもめる一因は靖国神社が官軍の兵士しか弔っていないからです。

明治政府最大の失敗は、戊辰戦争での敗軍の死者たちの供養を怠ったことにあると僕は思っています。

司馬が「国民作家」と見なされるのは、近代日本が供養し損なった幕末以来の死者たちを、彼が独力で供養しようとしたからです。

«井上章一&関西性欲研究会『性の用語集』講談社現代新書

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック