フォト
無料ブログはココログ

amazon

2018年2月19日 (月)

豊福公平『❝交渉の神様❞が教えてくれた5つの法則 すごい交渉術』SBC Creative

「相手の立場に立ってものを考える」・・・・・これこそが交渉における基本中の基本だったのです。

相手が今、どんな気分かを見極める。

事前に相手のルールを調べて、・・・

相手を操作しようとするな、ありのままの自分でいろ

普段からできないことは、どんな状況でもできない。

2018年2月 8日 (木)

宇野重規『保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで』中公新書

保守主義の思想は、楽天的な進歩主義を批判するものとして生まれ、発展していった。

革命とは、すべてを更地にして、その上に理想的な政治制度を、一から作り直そうとする試みである。

「保守主義」という言葉が使われるようになったのは、十九世紀初頭のことである。

悪政かどうかを判断するに際して、人々が感覚的に間違えることはほとんどないとバークはいう。人々が「この政治はおかしい」と肌で感じるとき、その感覚は正しいことがほとんどなのである。

多くの異なる言葉が出会い、互いを認め合い、そして同化することを求めないのが会話の本質である。

2018年2月 5日 (月)

瀧本哲史『読書は格闘技』集英社

ポーターの理論は、各会社の特色に合わせて違う戦略をとることを勧めるものであったのに、なぜか皆、似たような戦略をとってしまったのである。

『ビジョナリー・カンパニー』の結論は、カリスマ的リーダー不要論だったが、・・・

『君主論』はクーデター騒ぎのとばっちりで失業した独学の非エリートが、新しい君主に雇ってもらうためのエントリーシートとして書いたものなのである。

成功には偶然の要素もあり、その要因は本人にもわからないことが多いのに対して、失敗は再現性がある。

山口周『外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』光文社新書

作業工程は期日が設定されて初めて設計することができます。

「問い」で指示を出された方がはるかに何をやればいいのかが明確にイメージできる。

異なる見解がぶつかり合うことで初めて知性は進化する。

アップルのような会社は日本から出てきていません。しかし、同様にイギリスからもフランスからもドイツからも出てきていないのです。

コミットメントを得るには、「説得」ではなく、「納得」が必要になります。

チェ・ゲバラはプラトンが示す理想国家を知っていたからこそ「なぜキューバの状況はこんなにも悲惨なのか」という問いを持つことができました。

米国で電気椅子という奇怪な死刑方法が定着したのは、ウェスチングハウスを潰そうと考えて交流の危険性を世の中に知らしめようとしたエジソンのロビー活動による。

エマニュエル・トッド『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告』文春新書

ロシアの力は基本的に防衛的なものだ。

ロシアは世界がバランスを保つことに役立つ強国なのさ。

EUはもともと、ソ連に対抗して生まれた。

フィンランドはというと、ソ連と共に生きることを学んだ国であり、・・・

ドイツはもともとはユーロの話など聞きたくもないというふうだったのです。

アングロサクソンの世界では個人の自由が人びとの体に染みついています。しかし大陸ヨーロッパには、政治的権威と官僚化の表れが存在します。

ナチズムが現れる前にドイツがヨーロッパにもたらしたもの、宗教改革と大衆の識字化が一番に挙げられるでしょうが、・・・

2018年1月30日 (火)

今井孝『ゼロからいくらでも生み出せる! 起業1年目のお金の教科書』かんき出版

事業計画は、・・・・・あなた自身がそれをイメージしたときに、ワクワクしてやる気が湧いてくることが計画の持つ大きなパワーです。

1人ひとりに丁寧にセールスする練習が、最終的に一気にたくさん売るための早道です。

価格の妥当性は相手によって違うということです。

見えない付加価値というものは、思った以上に大きいものです。

「お金がありません」という断りのセリフは本当はそういう意味ではありません。実際には、その人が価値を感じていないというだけです。

私が考える「ぼったくり」の定義は、情報を与えずに高額化することです。

ビジネスでは解決策を提供するだけではなく、解決策があるということを発信するところから仕事なのです。

期待を大きく超えていたとき、お客様は口コミせずにはいられません。

順調なときは、誰でも良い人だからです。

2018年1月24日 (水)

ジョー・ジラードwithトニー・ギブス『営業の神様』アルファポリス

人生は厄介な障害だらけだ。問題は、それを障壁ととらえるか、チャンスととらえるかなのだ。

人々が買うのは商品ではなく、人なのだ。好きな相手、問題を解決してくれると信頼できる相手を買ってくれるのだ。

規律ある習慣こそ、長い目で見て成功する唯一の方法だ。

基本的なスキルを磨くことの大切さを見くびってはならない。致命的なミスはたいていそこで起きる。

すべては規律と反復だ。それ以外に勝利への道はない。

万全の健康状態を手に入れるための鍵は、一言でいえば規律だ。

私はすべての顧客に最高の気分になってもらえるよう気を配った。顧客がオフィスに来たら、彼らにとって大切なもののことを話してもらえるようにした。仕事やキャリア、趣味、そして何よりも家族のことを。

あなたのポジティブな姿勢が相手への素晴らしい贈り物になる。

私が常にしてきたことがある。それは会う人全員に、ポジティブで自信に満ちたイメージを示すことだ。

ポジティブな姿勢が真に試されるのは、順風満帆のときではなく、試練のときだ。

2018年1月22日 (月)

藤屋伸二『20代から身につけたいドラッカーの思考法』中経出版

ドラッカー思考の特長は、「現在の業績づくり」と「将来の準備」を同時に行うことです。

将来の利益の準備には「投資」の発想が必要です。

目標設定のしかたで、現在と将来をバランスさせることが可能になる。

人は自分のことはわからないが、他人については誰でもプロになれる。

事業や仕事は、何をするかも大事だが、誰がするかはもっと大事だ。

生産とは、材料を機械にかけることではなく、仕事を論理に当てはめることだ。

「しくみ」と「しかけ」(運用)はセットです。

自分は色眼鏡で相手を見ていることを自覚する必要がある。

重要なことは、できないことではなく、できることである。

2017年12月 6日 (水)

中村うさぎ・佐藤優『死を笑う うさぎとまさると生と死と』毎日新聞社

痛みは人格を変えますから。

将棋は死んだ駒も再び使えるじゃないですか?チェスは死んだら終わりですけど、・・・

科学者にとって197回と200回は違うんですよ。

キリスト教は、ギリシア思想という本来は異質なものと結婚しているんです。

江戸時代の切腹は、実際は竹光で腹を触るだけですからね。

男らしさ・女らしさという幻想に一番強くとらわれているのが、実はゲイなんですね。

直観というのは、過去のさまざまなものの積み重ねですよね?

ペストはユダヤ人虐殺の大きな要因にもなったんです。

2017年11月28日 (火)

『信念・勇気・決断 座右の銘 自らの道をひらく―人生の要諦と叡智』本の泉社

現在は過去以外の何ものも含んでいない。そして、結果のなかに見出されるものは、既に原因のなかにあったものである。

人間の一生を支配するものは運であって、知恵ではない。

玄関を見ればその家の生活態度がわかる。

作業量が減りはじめたら、小休止することである。

毎日真剣に生きていなければ幸運などやってきはしない。

「まだ、よろしいじゃございませんか」といわれたときが、失礼して帰るタイミングだ。

見えないところで、私のことを良くいっている人は、私の友人である。

一世二世とは、仏教の考え方から出てきたことば。

女の批評って二つきりしかないじゃないか。「まあすてき」「あなたってばかね」この二つきりだ。

清潔かどうかのわかれめは、髪の毛である。

よい妻というのは夫が秘密にしたいと思っている些細なことを常に知らぬふりをする。それが結婚生活の礼儀の基本である。

偉大な事業を完成するためには、人はつねに緊張していなければならない。

おおむね大きな誤りの底には高慢があるものである。

労働は適時にはじめること。享楽は適時に切り上げること。

平凡なことを、毎日平凡な気持で実行することが非凡なのだ。

2017年11月15日 (水)

櫻井よしこ×花田紀凱『「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか』産経セレクト

天皇皇后両陛下は最も重要とされている春と秋の例大祭に毎年必ず勅使を出されている。

慰安婦問題は1990年代以後の特殊な政治環境で生まれた事件と言えます。

ドイツは一貫してドイツ民族の「集団の罪」を否認する立場を貫いています。

ユダヤ人に対する犯罪はドイツだけなく汎ヨーロッパ的・・・

大和ってのは、日本の宿命的な、構造的な欠陥の象徴だったのだ。

キーセン学校というのはいわば「置屋」です。

2017年11月14日 (火)

宮崎学『暴力団追放を疑え』ちくま文庫

労働運動の最過激派といわれた動労(国鉄動力車労働組合)

公務員は憲法上の労働基本権が制限され、ストライキ権がない。

90年の冷戦構造終結によって暴対法がうまれた。

日本のヤクザには義理と人情があるが、諸外国のマフィアにはカネしかない。それが理解できない。というのは、実は表向きの話だ。ヤクザはアメリカ企業の日本進出を確実に阻んできた。だから、日本政府に働きかけて「ヤクザを潰せ」と言っているのだ。

昔のヤクザは、博打とテキ屋の二種類しかいなかった。

「正義」という言葉を使いたがる連中ほど、疑って見たほうがいい。

相撲とはスポーツマンシップや武士道精神、騎士道精神などによるスポーツや武芸とは成り立ちがまったく違うのだ。もともと相撲とは神事であり、江戸時代までは見世物や大道芸とセットで神社や寺の境内で行なわれていた。

一度動き出したら歯止めが利かなくなる怖さは、中国だけではなく日本の学生運動、さらにはヤクザの内部抗争にも共通するものだ。

2017年11月12日 (日)

和仁達也『年間報酬3000万円超えが10年続く コンサルタントの経営数字の教科書』かんき出版

借入金が年間粗利の8割以内に収まっているか否か

税引後利益の何倍の借入金か?

「彼らが持っているモノ」ではなく、「彼らが、何にフォーカスしているか?」に注目

これが成長志向の社長に共通する「お困りごとトップ3」だ!

  1. 「会社のお金の流れが漠然としている」ことによるストレス
  2. 「社長と社員の立場の違いからくる危機感」のズレ
  3. 「次のワクワクするビジョンが見えない」というストレス

粗利率は代表的な5業種の数値を頭に入れてヒアリングする。

粗利率の高さは、「変動費に対して、価値を付加する割合の大きさ」に比例します。

業種別に粗利率の高い順に並べると、サービス業:80%、飲食業:70%、製造業:50%、小売業:30%、卸売業:15%となります。

社長に尋ねるのは、たったの5つ。

  1. 売上
  2. 粗利率(もしくは業種から推測して粗利率を探る)
  3. 利益
  4. 人件費(もしくは労働分配率を探る)
  5. 借金残高

2017年11月 8日 (水)

蓮實重彦・柄谷行人『闘争のエチカ』河出文庫

構造主義がカント主義だといわれるのは、無理もありません。

ヘーゲルは、カントが同一性にとどまることを批判し、弁証法を導入しました。

マルクスが『資本論』の序文で、自分は社会主義者の資料を一つも使っていない、全部ブルジョア側の資料を使っているという。

日本浪漫派とはむしろ三島のようなものだと考えるべきです。

小林秀雄が、批評とは他人をダシにして自分を語ることだといった。

『論語』を読んだときに思うのは、一つの一貫した理論や物語を作れないということです。

フーコーがエイズで死んだけれども、彼の最後の問題は、倫理の問題でした。

ウィトゲンシュタインが世界は物からできているのではなくて、事実からできている、という言い方をしているわけですね。

カントの批判というのは、領域の区別、あるいは裁判所の審級の区別ですね。

フーコーにしてもデリダにしても、ある意味でサルトル的ですね。

ヘーゲルの哲学は、全体が論理学です。そこでは、哲学史、あるいは歴史から、固有名が消されます。

イエスは、自分は平和をもたらしにきたのではない、闘争をもたらしにきたのだといいました。

二十世紀とはいろいろな批判にもかかわらず結局のところ、やはり「自然主義」と「私小説」の時代だったことは認めなければならない。

2017年10月30日 (月)

正田圭『ファイナンスこそが最強の意思決定術である』CCCメディアハウス

投資の成否は、この「アセットロケーション」で8割以上決まってしまうからです。投資の世界で最も重要なのは、銘柄選びや売買のタイミングではなく、「どの資産にどんな割合で投資するか」なのです。

ファイナンスとは「モノの値段を考えること」

外国人投資家を呼び込むための「伊藤レポート」が整えられたのは2014年ですし、・・・

日本の上場企業の時価総額合計の半分が、米国のたった5社の企業の時価総額で賄われてしまう状態なのです。

2017年10月22日 (日)

呉善花『朴槿恵の真実 哀しき反日プリンセス』文春新書

国民情緒に最も訴えるのは、「過去清算」と「反日」です。

朝鮮総督府は地域的な差別政策を取りませんでしたから、・・・

韓国は古くからの男権社会ですが、1997年末の通貨危機以後、女性の社会進出が拡大し、女性の権利が大きく叫ばれるようになりました。

朴槿恵は公式にはカトリック教徒ですが、・・・

韓国は伝統的に党派主義が根強く、これまでの大統領選挙でも保守陣営が一つになることはなく、分裂候補が立っての足並みの揃わない選挙戦が常でした。

統一新羅王朝、高麗王朝、李氏朝鮮王朝と続いた王朝交代では、王朝交代は、「不正義を討ち倒した正義の革命」と位置づけられ、前王朝はその都度、全否定されたのです。

朝鮮半島は、儒教とともに、中国古来の天帝思想(天命思想)を取り入れてきました。

韓国人がキリスト教を受け入れやすい大きな要素の一つは、苦難の歴史を歩んだユダヤ人・イスラエルの民と、自分たちの境遇を重ねる意識が強く働くところにあります。

カトリック系よりもプロテスタント系の勢力が強いのが、韓国のキリスト教の特徴です。

佐藤優・北原みのり『性と国家』河出書房新社

沖縄との関係で、私は差別が構造化されている場合、差別している側は、そのことに気づかないのが通例であると強調している。

マルクス経済学の洗礼を受けていれば、我々の知性で資本システムすべてが変わらなくても、商品化していいものと悪いものの仕分けくらいはできるはずなんです。

キリスト教の場合は、常人では絶対に守れない性規範というのを定めて、すべての人間に罪があるという意識を刷り込みますからね。

ナチスは基本的に「女は産む機械」じゃないとだめなんです。

キリスト教は結局パウロ派が勝っちゃったから、女性の活動についてはほとんど聖書から削られてしまっているんですね。

パウロが広めた福音は、矛盾したものを矛盾したまま残しておくという編纂の仕方で、後に新約聖書に収録された。

日本の女があれだけ韓流ドラマにハマったのって、ひとつは、女と男がきちんと語りあっていて、女をバカにする表現が少ないってことが大きいです。

奴隷は母親が黒人かどうかで決まるんですよね。

2017年10月21日 (土)

朝日新聞経済部『ルポ 税金地獄』文春新書

ふるさと納税による収支が赤字なのは、人口が多く、高所得者が集まる都市部が中心だ。

東京都世田谷区は、待機児童数が全国で最も高いが、・・・

自動車のかかる税金は項目が多くて複雑であるが、これはさまざまな利害関係者が政治家や官僚に強力な働きかけをおこなっているためである。

65年間続く船舶の特別償却制度(特償)は「最古の特例減税」だ。

2017年10月19日 (木)

中川剛『日本人の法感覚』講談社現代新書

日本国憲法をはじめ各種の「基本法」には、輝かしい理念が述べられている。だがそれは、基本的には輸入された思想や欧米の歴史的経験の結果であって、日本の思想や日本人の歴史的経験によって得られたものではないという限界がある。

自分でないものに向かって完成していく自分を意識すればするほど、精神の飢餓感は増していく。

欧米では法は自然法と実定法とに大分けされるが、自然法は神の法であり、宗教ないし倫理に発する命令である。

基本的人権のほうはこれに対して、制約がつけられない。永久不可侵であるから、改正がありうる憲法にも優越する。「人類」の遺産であるから、日本国民が勝手にどうこうすることはできない。しかも「過去幾多の試練」によってテスト済みという保証書までついている。

アメリカは、合衆国憲法修正第一条で国教は法律によっても認められないという立場をとっている。

アメリカ独立の理由は、イギリス政府による課税その他の経済的負担にあった。

コリン・ジョイス『「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート』NHK出版

君が代の成立には、横浜に駐屯していたイギリス陸軍の軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンが大きく関わっているのである。彼は薩摩藩の伝習生に軍楽を指導することを求められたのだが、その折に、国歌の必要性を力説した。

19世紀の日本学者バジャル・ホール・チェンバレンが、来日したばかりのラフカディオ・ハーンに与えた忠告以上に適切な忠告を、ぼくは考えつくことができない。「早急に第一印象を必ず書きとめておきたまえ。いいかね、第一印象というものは霧のように儚い。いったん消えてしまえば、二度と君のもとに戻ってくることはないだろう。しかし、今後、君がこの国で経験するであろう、いかなる異国情緒とくらべても、この第一印象以上に魅惑的なものはないのだ」

«鳥賀陽正弘『ユダヤ大悪列伝』論創社

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック