フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 島田紳助『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』幻冬舎新書 | トップページ | クラフォルツ他『ザ・キャッシュ・マシーン』ダイヤモンド社 »

2009年2月28日 (土)

金児昭『「できる社長」だけが知っている数字の読み方』PHPビジネス新書

わからないことをやるのは仕事ではない。

ある意味では「変人のような人」といわれる人を大事にする度量が必要です。

経営者の条件をいくつか上げるとするなら、「冷や飯を食ったことがある」のは、必ずその中に入ると思います。

何が大きい会社がいいかというと、「利益剰余金が大きい会社」です。この数字だけが、いい会社の尺度を示すことになっていくことでしょう。

「資本金の大きな会社が立派な会社」としてきた会社法学者。

« 島田紳助『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』幻冬舎新書 | トップページ | クラフォルツ他『ザ・キャッシュ・マシーン』ダイヤモンド社 »

会計読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 島田紳助『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』幻冬舎新書 | トップページ | クラフォルツ他『ザ・キャッシュ・マシーン』ダイヤモンド社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック