フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 友岡賛『なぜ「会計」本が売れているのか?』税務経理協会 | トップページ | 金田久美子『スチュワーデスの裏に真あり』三五館 »

2009年2月20日 (金)

カント『純粋理性批判』岩波文庫

そのためには一つの法廷を設けよ、という理性に対する要請なのである。即ちこの法廷は、理性の要求が正当であれば理性を安固にし、これに反して根拠のない不当な要求は、これを強権の命令によってではなく、理性の永久不変な法則によって棄却しうるのである。そしてこの法廷こそ純粋理性批判そのものにほかならない。

現代は、まことに批判の時代であり、一切のものが批判を受けねばならぬ。

なおなさるべきことが残されている限り、何もかもまだなされていないと見なされる。

« 友岡賛『なぜ「会計」本が売れているのか?』税務経理協会 | トップページ | 金田久美子『スチュワーデスの裏に真あり』三五館 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カント『純粋理性批判』岩波文庫:

« 友岡賛『なぜ「会計」本が売れているのか?』税務経理協会 | トップページ | 金田久美子『スチュワーデスの裏に真あり』三五館 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック