フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 岡崎武志『読書の腕前』光文社新書 | トップページ | ボストロム・広瀬元義『イン・ザ・ブラック』あさ出版 »

2009年2月23日 (月)

カント『実践理性批判』岩波文庫

君の意志の格率が、いつでも同時に普遍的立法の原理として妥当するように行為せよ。

彼の人格に存する人間性は、彼にとって神聖でなければならない。一切の被創造物のなかで、我々が欲しまた意のままに処理し得る一切の物は、手段としてのみ使用され得る。ただ人間だけは、また人間と共に他のいかなる理性的被創造者も、目的自体である、まことに人間は、道徳的法則の主体である。この主体は、彼の自由による自律の故に神聖なのである。

« 岡崎武志『読書の腕前』光文社新書 | トップページ | ボストロム・広瀬元義『イン・ザ・ブラック』あさ出版 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カント『実践理性批判』岩波文庫:

« 岡崎武志『読書の腕前』光文社新書 | トップページ | ボストロム・広瀬元義『イン・ザ・ブラック』あさ出版 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック