フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 楢山直樹『経営をよくする会計』 | トップページ | セス・ゴーディン『「紫の牛」を売れ!』ダイヤモンド社 »

2009年3月19日 (木)

宮崎哲弥『新書365冊』朝日新書

カントの定言命法「道徳的に善い行いをせよ!」は、現実世界に生きる私たちの「良心」を引き裂く。「良心」に基づく行為は、常にどこかで見返りを期待している。従って、それは善とはいえない。最高善は「この世」のものではないのだ。留保なしの善の命令に「良心」を打ち砕かれることによってのみ、そして「善く生きる」ことの不可能性を思い知ることによってのみ、私達は道徳的存在になり得る。

« 楢山直樹『経営をよくする会計』 | トップページ | セス・ゴーディン『「紫の牛」を売れ!』ダイヤモンド社 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎哲弥『新書365冊』朝日新書:

« 楢山直樹『経営をよくする会計』 | トップページ | セス・ゴーディン『「紫の牛」を売れ!』ダイヤモンド社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック