フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大橋禅太郎『すごい会議』大和書房 | トップページ | 安田佳生『千円札は拾うな。』サンマーク出版 »

2009年3月15日 (日)

勝間和代『起きていることはすべて正しい』ダイヤモンド社

ラテラルシンキングは、「水平思考」や「Out of the Box Solution」(想定した範囲以外から出てきた解)と呼ばれる。新しいビジネスアイデアを発想するには、ロジカルシンキングだけでは行き詰ってしまう。そのときに、MECEでしっかり分解してから、問題設定自体を疑い、ラテラルシンキングで「軸ずらし」をすると、思わぬアイデアが浮かぶことがある。

« 大橋禅太郎『すごい会議』大和書房 | トップページ | 安田佳生『千円札は拾うな。』サンマーク出版 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代『起きていることはすべて正しい』ダイヤモンド社:

« 大橋禅太郎『すごい会議』大和書房 | トップページ | 安田佳生『千円札は拾うな。』サンマーク出版 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック