フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 野口吉昭『セルフコンサルティング』PHP研究所 | トップページ | 井上富紀子他『リッツ・カールトン20の秘密』オータパブリケイションズ »

2009年3月29日 (日)

世阿弥『花伝書(風姿花伝)』講談社文庫

この時期の稽古では、たとえ、うしろ指をさして人に笑われても、それを気にしないで、「おれの一生の分かれ目はここだ」と、一生涯にかけて能を捨てない決心を固める以外に、稽古の方法はない。

自分の芸の実力の程度を十分に承知していれば、その実力程度の花は一生涯無くならない。自己の実力以上に上手いとうぬぼれると、元来持っていた実力から生まれる花も無くなってしまう。(渡部)

人間にはだれでも生まれつきすぐれた持ちまえがあるものである。

上手な者にも悪いところがあり、下手な者にも善いところは必ずあるものだ。それをはたで気がつく者もないし、当人も知らない。上手はうまいという名声をそら頼みにし、芸達者におおわれて、悪いところに気が付かない。下手は、元来工夫ということがないから、悪いところをも知らぬ代りに、稀に善いところがあるのも気が付かない。そこで、上手も下手も、互いに他人に悪いところをたずねるがよい。しかしながら、実力をそなえ、それを発揮する工夫を究めたような者は、みずから反省してこれを知るであろう。どんなに変てこりんなシテでも、もし善いところがあると思ったならば、上手な者もこれをまねするがよい。これが上達する第一の方法だ。

しばらくたって見るから、また珍しくも思うのである。その上に人の好みも色々で、謡・所作・物まねなど、ところによってとりどりだから、どの風体でもやってなくては、駄目なのだ。

花というのは、見る人の心に珍しいと感じるのが花である。

くれぐれも初心を忘れてはならぬ。

能をやる時に、万事に抜け目なく心を配ることが大切である。

秘すればこそ花になる。秘せねば花とはならぬというわけだ。

人の心に思いもよらぬ感動を催させるやり方、それが花というものだ。

秘事として、何か一つを各自専門の家々では人に知らせず残しておくのだ。ここでもう一つ考えておかなければならぬことは、たとえ、現さなくとも、こんな秘密を知っている人間だということさえも、他人に知られてはならない。

わが家の秘事として他人に知らせないことが、一生涯咲き続く花の主になる花というものだ。秘すればこそ花になる。秘さねば花とならぬ。

世の中は一切みな因果の関係である。

一人っ子であろうとも、才能の無い者には伝えてはならぬ。

« 野口吉昭『セルフコンサルティング』PHP研究所 | トップページ | 井上富紀子他『リッツ・カールトン20の秘密』オータパブリケイションズ »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世阿弥『花伝書(風姿花伝)』講談社文庫:

« 野口吉昭『セルフコンサルティング』PHP研究所 | トップページ | 井上富紀子他『リッツ・カールトン20の秘密』オータパブリケイションズ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック