フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 秋庭道博『1時間の仕事を20分で終わらせる』かんき出版 | トップページ | 堀之内九一郎『どん底からの成功法則』サンマーク出版 »

2009年3月14日 (土)

デイヴィッド・クンツ『ほんとの自分にもどる115のヒント』主婦の友社

競争社会の悪い点は、いくら競争に勝っても、その社会から抜け出せないことだ。

自然に浮かんでくる思いつきは、とても貴重な考えの場合が多い。

本当に自分の時間といえるのは、ひとりでいるときだけだ。それ以外は・・・・・他人の時間だ。

敵に注目したほうがいい。あなたのミスを最初に見つけるのは、彼らだからだ。

自分をいちばん嫌っている人が、自分の弱点をいちばんよく知っている。

これは本当に不思議なことだが、有意義に生きる方法は、何もしていないとき、行動をやめたときにつかむことができるのである。つまり、「立ち止まったとき」にこそ、人生の広がりが発見でき、愛情の深さ、人づきあいの楽しさがわかるようになるのだ。

何もしないで毎日を過ごしていても、まったくかまわない。休みたければ、理由は次のことだけで十分だ。つまり、「落ち着いて周囲のことに注目するため。そして、自分自身がもっとも必要としていること、自分の生活にいちばん欠けているものを思い出すため」である。

なぜなら、何もしないでいると、人生でもっとも重要なことや困難なことが見えてくるからだ。つまり、自分の生きがいや自分の価値がわかってくるのである。

一貫性というのは、想像力に乏しい人が最後に頼る砦だ(オスカー・ワイルド)。

« 秋庭道博『1時間の仕事を20分で終わらせる』かんき出版 | トップページ | 堀之内九一郎『どん底からの成功法則』サンマーク出版 »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 秋庭道博『1時間の仕事を20分で終わらせる』かんき出版 | トップページ | 堀之内九一郎『どん底からの成功法則』サンマーク出版 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック