フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 岩﨑哲夫『どんな仕事も2割増しでやりなさい』かんき出版 | トップページ | 零士『ホスト王のその気にさせる心理戦術』青春出版社 »

2009年3月31日 (火)

板坂元『考える技術・書く技術』講談社現代新書

「いつも」「みんな」はタブーで、「自分の調べたかぎりでは」とか「与えられた条件下では」などとして、情報・資料の限界を示す。

詠んでいくうちに、そろそろしるしをつけるところが来そうだ、という予感がするのは、日本語の本よりは英語の本の方が的中しやすい。

本や雑誌から書き抜くとき、この場合はページ数をさきに書く。

人生の98%までは、これまでの社会によってつくり上げられた文化・考え方のつみ重ねであろう。そして、個々人が勝負をするのは、けっきょく、残り2%のところなのである。

« 岩﨑哲夫『どんな仕事も2割増しでやりなさい』かんき出版 | トップページ | 零士『ホスト王のその気にさせる心理戦術』青春出版社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/45047330

この記事へのトラックバック一覧です: 板坂元『考える技術・書く技術』講談社現代新書:

« 岩﨑哲夫『どんな仕事も2割増しでやりなさい』かんき出版 | トップページ | 零士『ホスト王のその気にさせる心理戦術』青春出版社 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック