フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ジョー・ジラード『世界一の「売る!」技術』フォレスト出版 | トップページ | チップ・R・ベル他『サービス・リーダーシップ8つの法則』ダイヤモンド社 »

2009年3月22日 (日)

石原武政『「論理的」思考のすすめ』有斐閣

相手が話していることについて、こちらが知っていると思わせるようなメッセージは出さないほうがいい。ヒアリングをするときには早分かりをしてはいけない。絶えず、なぜ、どうしてそうなるのですか、といった質問を発し続けることが大切だ。新しいものを見つけた子どものように、無心になって、なぜ、なぜ、と聞き続けることだ。ヒアリングは相手の話をできるだけ聞き出すことに意味があるのであって、こちらが意見を言ったり、知ったかぶりをするために行っているわけではない。この当たり前のことを改めて確認することとなった。

考えてみれば、私自身が行ってきた抽象的な議論は、すでに先人が開発した抽象的な概念の上に成り立っている。

「私は、商品はそれをつくった者が販売するのが本来であると考えます」。私はそのとき、あれっ、風呂勉先生は自分で考えたことをしゃべっているのだ、と受け止めた。

« ジョー・ジラード『世界一の「売る!」技術』フォレスト出版 | トップページ | チップ・R・ベル他『サービス・リーダーシップ8つの法則』ダイヤモンド社 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石原武政『「論理的」思考のすすめ』有斐閣:

« ジョー・ジラード『世界一の「売る!」技術』フォレスト出版 | トップページ | チップ・R・ベル他『サービス・リーダーシップ8つの法則』ダイヤモンド社 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック