フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小宮一慶『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』ディスカヴァー | トップページ | 外山滋比古『思考の整理学』ちくま文庫 »

2009年4月17日 (金)

齋藤孝『「頭がいい」とは、文脈力である。』角川書店

因数分解そのものを日常で使うことはなくても、頭の中の操作としては必要なのです。何かの事柄に対処する際に、バラバラになっているものを取りまとめて、カッコに入れて考えていくことは、系統立てて物事を整理するひとつの方法として重要な思考法です。

面白いと感じる三分スピーチとか、うまいと思うエッセイは、みな起承転結をきちんと押さえています。

予測が外れても、それは経験知に加わります。

« 小宮一慶『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』ディスカヴァー | トップページ | 外山滋比古『思考の整理学』ちくま文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/45367697

この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤孝『「頭がいい」とは、文脈力である。』角川書店:

« 小宮一慶『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』ディスカヴァー | トップページ | 外山滋比古『思考の整理学』ちくま文庫 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック