フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ジャック・ウェルチ『ウイニング勝利の経営』日本経済新聞社 | トップページ | 中谷彰宏『あなたに起こることはすべて正しい』ダイヤモンド社 »

2009年4月26日 (日)

上坂朋宏『会計士が贈る経営のヒント』総合法令

全社員のレベルアップは企業の体裁を高めるために過ぎず、企業の発展には一人のスーパーマンこそが必要だというのはいい過ぎであろうか。

会社は社長で100%運命が決まる。経営計画は将来のことではなく、将来についての現在の意思決定である。決して将来のことではない。

財務諸表の読めない経営者は従業員約一五人までは耐えられるがそれを超えると経営は破綻していく。

あるお菓子屋さんでの出来事である。閉店時刻が過ぎていたので仕方なく帰ろうとしたら、裏口から従業員らしき女性が帰宅しようと出てきた。「お客様ですか」と聞かれたので「はい」と答えると、ちょっとお待ちくださいのこと。玄関で約六、七分待っていたところ、カーテンが開き、玄関が開いた。そして、その女性に「いらっしゃいませ」といわれた時には、度肝を抜かれた。その女性は、制服に着替え、髪をきちんとくくり、出てきたのである。更に奥の方から「いらっしゃいませ」と出てきた女性もきちんと制服を着ていた。このお菓子屋さんの素晴らしさは、私の期待を超えたことである。こういう態度を取られれば、誰でも感動を覚え、このお店から離れることはない。むしろ知人にもこういう話をし、そのお菓子屋さんを紹介するようになる。人に感動を与え、この女性もすがすがしい気持ちになれたのではないだろうか。もちろん、こういう社風、風土をつくったご主人は素晴らしい。しかし、それを理解した従業員も素晴らしい。人を感動させる仕事、それは、人の期待を超えることである。

企業というものは、絶対に倒産してはならない。倒産している企業に共通なものは何か。①経営者の高慢、②社員教育の欠如、③事業目的の欠如、④環境変化への対応が遅い、⑤技術開発、新商品開発の遅れ、⑥家庭不和、⑦公私混同、⑧決断力の欠如、⑨計数管理の勉強不足、勉強ぎらい、⑩反省心の欠如、⑪人脈が悪い。上記の11項目を見ると、すべて社長に関するものである。やはり、企業はトップで決まる。

会計処理に限らず、ルールをその場その場で変更することは危険である。まず管理ができない。管理は比較が鉄則。比較は同じルールで集計されることが絶対的条件である。比較し、要因を分析し、明日へ備える。こんな誰にもでも分かることができない。

得意先が支払える金額の範囲内で買って頂く。

会社のために働こうとする人の意思の大きさは、どんな含み資産よりも強力で万能なのである。

今までに出会った遺言で最もすばらしかったのは、「お父さんのものは母さんのもの」というものである。

若いときの投資ほどお金を惜しんではいけない。50代よりは40代、40代よりは30代で投資して身につけることがどれぐらい大きな差となって表れてくるか答えはあきらかであろう。

« ジャック・ウェルチ『ウイニング勝利の経営』日本経済新聞社 | トップページ | 中谷彰宏『あなたに起こることはすべて正しい』ダイヤモンド社 »

会計読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上坂朋宏『会計士が贈る経営のヒント』総合法令:

« ジャック・ウェルチ『ウイニング勝利の経営』日本経済新聞社 | トップページ | 中谷彰宏『あなたに起こることはすべて正しい』ダイヤモンド社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック