フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ドラッカー『マネジメント 基本と原則』ダイヤモンド社 | トップページ | 大前研一『ドットコム仕事術』小学館 »

2009年4月10日 (金)

大前研一『考える技術』講談社

マッキンゼーという会社は「社長に対して一分しか時間がなかったら、お前は何をやるか」を徹底的に考えさせる。

プレゼンテーションの必要十分条件

  1. まず最初に全体の結論を述べる
  2. プレゼンテーションの構成:①業界の動向、②競合他社の動き、③当社の状況分析、④改善機会のための条件、⑤解決の道、⑥提言

企業の価値は、その企業が生み出す利益のフリーキャッシュフローの八倍がリーズナブルな線だと言われている。

企業が合併したときには、売上が一+一=二・三、、コストは一+一=一・六になり、そこで〇・七のマージンが生まれて利益が改善するのが通常だ。

« ドラッカー『マネジメント 基本と原則』ダイヤモンド社 | トップページ | 大前研一『ドットコム仕事術』小学館 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大前研一『考える技術』講談社:

« ドラッカー『マネジメント 基本と原則』ダイヤモンド社 | トップページ | 大前研一『ドットコム仕事術』小学館 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック