フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 御立尚資『戦略「脳」を鍛える』東洋経済新報社 | トップページ | ドラッカー『経営者の条件』ダイヤモンド社 »

2009年4月 4日 (土)

ドラッカー『イノベーションと起業家精神』ダイヤモンド社

翌朝絞首台にあがることを知ることほど、人の心を集中させるものはない。

ベンチャー・ビジネスは挫折する。原因はいつも同じである。第一に、今日のための現金が無い。第二に、事業の拡大資本がない。第三に、支出や在庫や債権を管理できない。おまけにこれら三つの症状は、同時に起こることがある。たとえ一つであっても健康を損なう病である。財務上の危機はひとたび起こるならば、立て直しに非常な苦労と苦痛をともなう。(児玉)(チェンジ・リーダーの条件)

利益は結果としてもたらされるものであって、最初に考えるべきものではない。利益よりも現金、資本、管理のほうが、先に問題となる。目の前の利益など、一年から一年半で消えてしまう。

成長には栄養が必要である。成長するということは、資金の余剰ではなく、資金の不足を意味する。成長には現金と資本が必要である。利益は虚構である。

キャッシュフローの予測と計画については、昔から「債務は思ったよりも二か月早く決済しなければならず、債権は二か月遅く決済される」という経験則がある。

« 御立尚資『戦略「脳」を鍛える』東洋経済新報社 | トップページ | ドラッカー『経営者の条件』ダイヤモンド社 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/44822348

この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカー『イノベーションと起業家精神』ダイヤモンド社:

« 御立尚資『戦略「脳」を鍛える』東洋経済新報社 | トップページ | ドラッカー『経営者の条件』ダイヤモンド社 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック