フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 棚橋隆司他『これで企業財務はよみがえる!』清文社 | トップページ | マーク・マコーマック『ハーバードでは教えない実戦経営学』日本経済新聞出版社 »

2009年4月29日 (水)

藤本義一『商人道』日経ビジネス人文庫

運というのは、待っていてもやって来んということや。自分で足や頭を運んで行って、掴むものや。

印鑑の一番大切な部分は、捺すところよりも軸にあるというところを忘れてはいかん。

商人は低姿勢で感情を抑えて客に対応する必要がある。

商いの三法。始末、算用、才覚である。始末とは書いて字の如く、最初(始)と結果(末)をきっちりと合わす節約のことである。帳尻を合わすことが第一義ということだ。収支決算を合わせることである。毎日毎日の決算の変動をチェックして、その間の微妙な変り方に注目せよということである。算用とは算盤である。ソロバンに合うというのは、損をしていないかを自問自答することである。逆境は会社発展のチャンス。リスクに挑戦してこそ会社発展のチャンス。リスクを熟考すれば、それを上回るメリットをつかむチャンスが生まれる。

倉庫で商品を眠らせておく商人は愚かである。

健康については、予知、予防、管理の順序が正しい。

なんでもこなせる人間なんて一人もこの世にはいない。万能人間などはいるわけがない。だから、一人づつの雇用者をよく観察して、性格、行動力、知識を分析して、上の者が適所に配してやれば、思いがけない戦力になる。

貯めるのはカネ、使うのはゼニ。

商人というのは株とは無縁。

大学で習った学問がすぐに役立つのは学校の先生以外にはない。

下女丁稚を使ひ者と侮ることなかれ。別して心付、それぞれ致すべし。

« 棚橋隆司他『これで企業財務はよみがえる!』清文社 | トップページ | マーク・マコーマック『ハーバードでは教えない実戦経営学』日本経済新聞出版社 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤本義一『商人道』日経ビジネス人文庫:

« 棚橋隆司他『これで企業財務はよみがえる!』清文社 | トップページ | マーク・マコーマック『ハーバードでは教えない実戦経営学』日本経済新聞出版社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック