フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 請負契約とその他の契約 | トップページ | 営業活動で徹底すべき「回収の4原則」 »

2009年5月14日 (木)

中小企業版FCF(フリーキャッシュフロー)の簡単な算出方法

中小企業でも簡単に算出できるFCF=他人依存度確認術があるのです。

キャッシュと借入金の情報があれば、なんと、中小企業版のFCFを算出できます。

それは、

     FCF=営業CF+投資CF=キャッシュの増減額-借入金の増減額

例えば、期首(300)と期末(200)のキャッシュの差額が(-100)で、借入金の増加が(700)だった場合、FCFは、-100-700=-800となります。

FCF(-800)に借入金の増加(700)を加味すると、キャッシュの増減額は(-100)。期首(300)にキャッシュの増減額(-100)を差し引くと、期末のキャッシュ(200)。

すばらしい。

« 請負契約とその他の契約 | トップページ | 営業活動で徹底すべき「回収の4原則」 »

キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コリンちゃん

はじめまして。
公認会計士の村井直志です。
たまたまヒットしました。ずいぶん前に出版した「儲けを生み出すどんぶり勘定のすすめ」をお読みいただきましたようで、ありがとうございます。
コリンちゃんの解説は、正解です!
中小企業の場合に限らずですが、基本的にフリーキャッシュフロー=営業CF+投資CFですから、裏を返せばキャッシュの増減のうち、財務CFつまり端的に申し上げれば借入金の増減を考慮してあげればFCFは求められます。
どのようなお仕事されているのかはわかりませんが、ビジネスのコミュニケーションツールとして会計は不可欠ですので、身に着けておいて損はないと思います。
あ、そうそう。
来週の日経で広告が出る予定ですが、ひなまつりに「決算書の50%は思い込みでできている」という本を出版しました。
よろしかったら、こちらもお読みください。
「どんぶり」の解釈、感謝申し上げます。

先生! ご降臨、誠に感激で、心臓がブチ切れそうです。
ありがとうございます。
新たな視点から解説されている本は、やはりいいです。
胸が躍ります。
先生の新著、私のマイナスのFCFを改善し、資金調達
でき次第、直ちに購入いたします。(敬礼)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業版FCF(フリーキャッシュフロー)の簡単な算出方法:

« 請負契約とその他の契約 | トップページ | 営業活動で徹底すべき「回収の4原則」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック