フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 売上債権・棚卸資産回転率/期間 | トップページ | ROEと財務レバレッジ »

2009年5月 4日 (月)

PERとPBR

■PER(Price Earnings Ratio:株価収益率)

株価/EPS

(注)EPS(Earnings Per Share:1株当たり純利益)・・・当期純利益/期中平均株式数。これを上げるには、①当期純利益を上げる、②発行済株式総数を減少させる。

  • 株価が利益の何年分に相当するのか。利益が全て配当されると仮定すると、何年で投下資本が回収できるのか
  • 小さいほど割安。 480/240=2.4  480/100=4.8
  • PERが高いほど、株が買われている

PBR(Price Book-value Ratio:株価純資産倍率)

株価/1株あたり純資産(BPS:Book-value Per Share)

  • 株主資本の時価が簿価の何倍で評価されているかを表す指標
  • BPSは解散価値と解釈することもできる。企業が解散した場合に株主に戻ってくる1株当たりの金額を意味する。ただし、BPSはあくまでも簿価ベースの値であり、土地や建物など固定資産の含み益は含まれていないことに注意すべきである
  • 490/570=0.85  
  • PBR<1→割安。PBRが1倍を下回る状態は解散価値よりも低い評価が市場でなされていることになり、割安な状態を示していると考えられる

伊藤邦雄『企業価値評価』

« 売上債権・棚卸資産回転率/期間 | トップページ | ROEと財務レバレッジ »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PERとPBR:

« 売上債権・棚卸資産回転率/期間 | トップページ | ROEと財務レバレッジ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック