フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 与信・債権管理のポイント | トップページ | 新規事業投資への4つの最低条件 »

2009年5月12日 (火)

製品率の実態

著者が通産省と調査した日本の会社の実態は、全売上高のうち、

  • 新製品が占める率  13~20%
  • 主力・安定製品の占める率  70~80%
  • 衰退製品の占める率  5~7%

新製品比率が20%を超える会社は、どの業種でも業績がよかったことに注目していただきたい。

むろん、業種業態によって適正な比率は異なってきますが、一つの目安にはなる。

清水龍瑩『社長業の鉄則』、上原春男『成長するものだけが生き残る』

« 与信・債権管理のポイント | トップページ | 新規事業投資への4つの最低条件 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製品率の実態:

« 与信・債権管理のポイント | トップページ | 新規事業投資への4つの最低条件 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック