フォト
無料ブログはココログ

amazon

« パート・アルバイトの合理的な源泉徴収の方法 | トップページ | 印紙税の節約:2つの契約書を1つにしても印紙税の節約になる »

2009年5月12日 (火)

印紙の節約:契約書の金額を2つに分ける

例えば、借入金1000万円の契約に対する印紙税は1万円ですが、500万円の場合は2000円で済みます。

また、1000万円の機械を購入し、100万円の製作費を支払って改良してもらった場合、これを1通にまとめて「機械売買契約書」を作成し「機械代金及び改良費1100万円」と記載してしまうと、印紙税2万円が課せられることになります。しかし、これを「機械代金1000万円、改良費100万円」と、2つに分けて記載すれば、請負に関する部分の100万円に対する印紙税200円で済むことになるのです(機械の売買契約書は課税文書ではないので、印紙税がかかりません)。

戸田税務会計事務所『「会社の税金」まだまだあなたは払い過ぎ!』

« パート・アルバイトの合理的な源泉徴収の方法 | トップページ | 印紙税の節約:2つの契約書を1つにしても印紙税の節約になる »

印紙税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印紙の節約:契約書の金額を2つに分ける:

« パート・アルバイトの合理的な源泉徴収の方法 | トップページ | 印紙税の節約:2つの契約書を1つにしても印紙税の節約になる »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック