フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 棚卸資産の会計と税務 | トップページ | あるべき当期利益・剰余金の計算の仕方 »

2009年5月20日 (水)

支払余裕比率

支払余裕比率=(現金預金+有価証券)/流動負債

50%を超えていることがいい。

■流動比率と支払余裕率のバランス関係は、次の4つのパターンとなります。

  1. 流動比率も良く、支払余裕比率も良い
  2. 流動比率も悪く、支払余裕比率も悪い
  3. 流動比率は良いが、支払余裕比率が悪い
  4. 流動比率は悪いが、支払余裕比率は良い

1は支払能力が本当に良い、2は支払能力が本当に悪い、3は1年以内に現金化されない資産が多くある、4は実際には考えられないが、商売が衰退し、生産能力がなくなっている会社で、借入金による現金預金だけが存在している。

碓氷悟史『決算書の超かんたんな読み方』

« 棚卸資産の会計と税務 | トップページ | あるべき当期利益・剰余金の計算の仕方 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支払余裕比率:

« 棚卸資産の会計と税務 | トップページ | あるべき当期利益・剰余金の計算の仕方 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック