フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 儲けるための不等式 | トップページ | その他流動資産比率も財務格付け評価で使われる »

2009年5月12日 (火)

バランスシートを本当の資産にしていくためのヒント

■バランスシートを本当の資産にしていくためのヒント

  • 売掛金、貸付金、未収入金などの中に回収不能、長期滞留のものはないか?。あれば、貸倒処理をするか貸倒引当金を計上する
  • 棚卸資産の中に、陳腐化品、破損品、価値のないもの、長期売れ残りはないか?。あれば、安値処分、廃棄等する
  • 仮払金など仮計上資産の中に、回収できないもの、価値のないものはないか?。あれば、適切な科目に振り替えるか、損失として落とす
  • 固定資産の中に、既にないもの、償却不足のもの、価値のないものはないか?。あれば、評価損、除却損として落とす。税法の耐用年数よりも短いと考えられるものは、その年数で償却する
  • 繰延資産は、基本的にはすべて落とす。計上しない
  • 有価証券や投資その他の資産は、できるだけ時価で評価する
  • 差入保証金、権利金などで返却されない部分は落とす
  • 費用性のものは、できるだけ資産に計上せず、原価または費用で落とす
  • 今期の費用として、すでに発生していると思われるものはすべて負債として計上する

ポイントは、税法上損金で落ちるかどうかに、こだわらないことです。

■BSのゾンビ資産

固定資産、繰延資産、前払費用、貸付金、保証金、電話加入権、不良債権、商品・・・・・

北岡修一『ココまでできる儲かる会計』、岡本吏郎『会社にお金が残らない本当の理由』

« 儲けるための不等式 | トップページ | その他流動資産比率も財務格付け評価で使われる »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バランスシートを本当の資産にしていくためのヒント:

« 儲けるための不等式 | トップページ | その他流動資産比率も財務格付け評価で使われる »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック