フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 価格戦略 | トップページ | 話し方入門 »

2009年5月26日 (火)

統計学入門

■一般的に、普通を表す値には、「平均」「中央値」「最頻値(件数が最も多い値)」の三つがあります。重要なことは、「平均=真ん中とは限らない」、「平均まわりにデータが多いとは限らない」ということです。

■分散は、平均を中心としてどれくらいデータがばらついているかを示す指標。もし、この値が小さければ平均まわりにデータがたくさんあり、大きければ平均からのばらつきが大きい。

■標準偏差は、分散のルート(平方根)を計算したものです。例えば、平均24万ですが、この店の上下の振れは6万円ぐらいだということがわかるわけです。分散・標準偏差とも、値が小さければ平均まわりにデータが集まっていて、値が大きければ平均からデータが散らばっています。

■変動係数とは、ばらつき(標準偏差)が平均の何割かを計算しているものです。例えば、平均の28%ぐらいの幅で上下しているといったぐあいです。

豊田裕貴『現場で使える統計学』

« 価格戦略 | トップページ | 話し方入門 »

統計学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統計学入門:

« 価格戦略 | トップページ | 話し方入門 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック