フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 支払余裕比率 | トップページ | シックスフォース分析(中小をとりまく六種の利害関係者) »

2009年5月20日 (水)

あるべき当期利益・剰余金の計算の仕方

あるべき当期利益

インフレ時:あるべき当期利益=(資本金×10%)+(元手の資本×15%)

物価安定時:あるべき当期利益=(資本金×10%)+(元手の資本×10%)

元手の資本=資本金+資本準備金又は法定準備金

あるべき剰余金

◇大企業

あるべき剰余金額={平均的元手の資本(資本金+資本準備金)×1/2}×15%×事業年度数(1年決算として)

◇中小企業

あるべき剰余金額=(資産合計/2)×1.5%×事業年度数

◇元手の資本が変わっていないとか、設立してまもない会社

あるべき剰余金額=元手の資本×15%×事業年度数(1年決算)

碓氷悟史『決算書の超かんたんな読み方』

« 支払余裕比率 | トップページ | シックスフォース分析(中小をとりまく六種の利害関係者) »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるべき当期利益・剰余金の計算の仕方:

« 支払余裕比率 | トップページ | シックスフォース分析(中小をとりまく六種の利害関係者) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック