フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 戸田覚『すごい人のすごい企画書』PHPビジネス新書 | トップページ | 企業価値と株主価値 »

2009年5月20日 (水)

企業価値の算定方法

1.コストアプローチ

BSを時価などで再評価するもので、客観的なデータを得られることが特徴です。コストアプローチのみで企業評価を行う場合は、のれん(営業権)などの評価額をさらに加味する必要があります。

2.マーケットアプローチ

類似した企業のPER(株価収益率)などを参考に、価値を算定する方法です。

3.インカムアプローチ

将来、企業が得られる収益やキャッシュフローによって企業価値を評価する方法です。

4.再構築原価法(特殊な評価方法)

企業を買収するのではなく、「自社で同じ会社をつくった場合、いくらかかるのか?」という発想によるものです。会計上、「時価」には、売却したらいくらになるのかという「売却価値(正味実現可能価額)」と、同じ会社をつくったらいくらかかるのかという「再調達原価(再構築原価)」の2種類があります。コストアプローチでは主に売却価値を考えますが、特殊なケースでは、企業の再構築価値で考えます。

久野康成『あなたの会社を永続させる方法』、伊藤邦雄『企業価値評価』

« 戸田覚『すごい人のすごい企画書』PHPビジネス新書 | トップページ | 企業価値と株主価値 »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業価値の算定方法:

« 戸田覚『すごい人のすごい企画書』PHPビジネス新書 | トップページ | 企業価値と株主価値 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック