フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 粉飾を見抜くコツ | トップページ | 意図せざる粉飾 »

2009年5月 5日 (火)

経営実態の読み方

  1. 在庫の積上がりは経営悪化を端的に表わす。
  2. 雑費の大きさは管理面でのルーズさを表わす。雑費の金額を営業利益と比較して、内部管理の状態を推測してください。実務上、雑費は中身を隠したいときに使われているのです。表面化させたくないものもあるわけです。
  3. 特別損益が多いのも管理面でのルーズさの表われ。「店舗解約損」は、計画が成就しなかったという科目です。
  4. 支払利息割引料/営業利益≧70%は危険シグナル。この比率が意味するところは、営業利益のうち支払利息で消える割合です。
  5. 雑収入/経常利益≧70%も危険シグナル。70%以上ということは、経常利益を雑収入でつくりましたという「印」とみなしてよい。
  6. 中小企業の場合、PLの本質は営業利益から、雑収入支払利息割引料経常利益にかけての四つの項目です。

都井清史『粉飾決算の見分け方』

« 粉飾を見抜くコツ | トップページ | 意図せざる粉飾 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営実態の読み方:

« 粉飾を見抜くコツ | トップページ | 意図せざる粉飾 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック