フォト
無料ブログはココログ

amazon

« キャッシュフロー計算書のポイント | トップページ | 棚卸資産:預かり在庫と預け在庫 »

2009年5月 4日 (月)

損益計算書分析術

■ウエスタン安藤『決算書の読み方』

  1. 売上高の過去3年間を比較検討します
  2. 売上総利益の過去3年間を比較検討します・・・・・売上が横ばいで粗利が減少していたら、まずはじめに売上値引きのチェックをします。次に仕入値の上昇をチェックします。これで原因が見つからなければ、在庫です。在庫を操作してもすぐに見つかってしまうのはなぜでしょう。ひとつは、粗利率で見抜く方法です。もうひとつは期末在庫金額が以上に多いケースです。
  3. 営業利益の過去3年間を比較検討します

中小企業の場合、ここまでで原因の9割は特定できるんです。

都井清史『粉飾決算の見分け方』

1.すべて疑わしい

  • 売上高中の関係会社向け売上の増加
  • 売上原価のなかの固定資産からの振替高
  • その他の営業収入の増加
  • 配達運送費の急減
  • 有価証券売却益

2.経営悪化の兆候

  • 雑費の多さ
  • 特別損失項目の多さ

3.雑収入/経常利益、支払利息割引料/営業利益は、ともに70%以上で危険

« キャッシュフロー計算書のポイント | トップページ | 棚卸資産:預かり在庫と預け在庫 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 損益計算書分析術:

« キャッシュフロー計算書のポイント | トップページ | 棚卸資産:預かり在庫と預け在庫 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック