フォト
無料ブログはココログ

amazon

« マーケティングの4P | トップページ | 偶発債務 »

2009年5月 7日 (木)

本支店会計における本店勘定と支店勘定の意味

支店の元帳には、本店勘定が設けられる。本店勘定は、支店における一種の資本勘定の性格をもち、支店への投資額を表すこととなる。

本店においては支店への投資を示すために支店勘定が開設され、支店への投資額が示される。

武田隆二著『簿記Ⅲ』、舛田精一『経理部長の感覚』

« マーケティングの4P | トップページ | 偶発債務 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本支店会計における本店勘定と支店勘定の意味:

« マーケティングの4P | トップページ | 偶発債務 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック