フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 連単倍率 | トップページ | 益金:ポイントカード点数による値引販売 »

2009年5月19日 (火)

社会保険会計

■中小企業の従業員を対象とする「政府管掌健康保険」、会社や業界団体などが設立した「健康保険組合」。

■給与から控除する社会保険料は前月分と法律で定められています。法律に基づく通常の控除方法を「翌月控除」、当月分の保険料を当月の給与から控除する方法を「当月控除」。

■労災保険料分は全額事業主負担、児童手当拠出金は事業主負担、雇用保険料分は事業主と労働者双方で負担。

KPMG『給与計算実践ガイドブック』、姉帯奈々『小さな会社の源泉徴収事務ができる本』

« 連単倍率 | トップページ | 益金:ポイントカード点数による値引販売 »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険会計:

« 連単倍率 | トップページ | 益金:ポイントカード点数による値引販売 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック