フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本支店会計における本店勘定と支店勘定の意味 | トップページ | 払込資本を資本金と資本準備金に分ける理由 »

2009年5月 7日 (木)

偶発債務

意義

偶発債務とは、将来なんらかの事由により当該企業の負担となる可能性のある債務であって、未だ現実に債務として確定していないものをいう。

種類

保証債務、手形遡及義務(手形割引高及び裏書譲渡高)、損害賠償義務

偶発債務と引当金

レベル1・・・・・他人の保証をした→その旨、極度額を、注記する

レベル2・・・・・被保証人の状況悪化→債務保証損失引当金を設定

レベル3・・・・・保証債務が確定→債務として計上

武田隆二『最新財務諸表論』、越知克吉『監査ケーススタディ』

« 本支店会計における本店勘定と支店勘定の意味 | トップページ | 払込資本を資本金と資本準備金に分ける理由 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶発債務:

« 本支店会計における本店勘定と支店勘定の意味 | トップページ | 払込資本を資本金と資本準備金に分ける理由 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック