フォト
無料ブログはココログ

amazon

« GDP | トップページ | ギルマンの五つの「企業疾患」 »

2009年5月14日 (木)

ハゲタカレシオ

ハゲタカレシオは、その名のとおり、M&Aで使われ、会社購入後、会社財産を切り売りし、その売却代金で、M&Aで生じた負債を返済することが可能かを判断する指標である。ハゲタカレシオは、分子は購入した会社の時価総額、分母は購入した会社の正味流動資産(流動資産に、税引後の有価証券含み益を加えて、長短債務を控除)で、1倍が基準となる。1倍割れの場合、買収対象企業の株価が割安で、買収後会社資産を換金すれば、おつりがくることをあらわしている。

株式時価総額/[流動資産+税引後有価証券含み益-(流動負債+長期借入金)]

鯖田豊則『会社を目利きする50のポイント』

« GDP | トップページ | ギルマンの五つの「企業疾患」 »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゲタカレシオ:

« GDP | トップページ | ギルマンの五つの「企業疾患」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック