フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 企業価値と株主価値 | トップページ | ROA(Return on Asset:総資本利益率) »

2009年5月20日 (水)

事業承継対策での買収価格決定方法

■中小企業の多くは時価純資産法を利用

時価純資産法とは、企業の資産を時価で再評価し、負債は要弁済額として計上して求めた純資産をもとに、株価を求める方法です。

■営業権評価法も併せて利用

とはいえ、コストアプローチでは、将来獲得される収益を考慮することができないのも事実です。そこで、最近よく使われるようになった方法が、時価純資産プラス営業権評価法です。営業権は通常、経常利益(又は税引後純利益)の3~5年で評価します。

久野康成『あなたの会社を永続させる方法』

« 企業価値と株主価値 | トップページ | ROA(Return on Asset:総資本利益率) »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業承継対策での買収価格決定方法:

« 企業価値と株主価値 | トップページ | ROA(Return on Asset:総資本利益率) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック