フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ハゲタカレシオ | トップページ | 交際費の5,000円基準 »

2009年5月15日 (金)

ギルマンの五つの「企業疾患」

ギルマンはアメリカ経営分析の確立期における重要な論者の1人であるが、彼は「企業疾患」の発見という観点から経営分析方法を展開している。そして、①経営者の性格(character)、②経営者の能力(capacity)、③資本の状態(capital)、④経済的な状況(conditions)の四つを企業の信用要因としてあげている(ギルマンの4C)。

ギルマンの「企業疾患」は初版と第2版では異なっているが、初版においては、①純利益の不足、②棚卸資産の過大、③受取勘定の過大、④固定資産の過大、⑤資本の不足の五つが「五大疾患」(病源)としてあげられている。

第2版においては、次のように発展させられている。すなわち、

  1. 純利益の不足:①売上高の不足、②売上原価の過大、③営業費の過大
  2. 配当金の過大支払
  3. 財政状態の歪み:①受取勘定の過大、②棚卸資産の過大、③固定資産の過大、④資本の不足

また、これを分析資料との関係でみると、次のようである。

  1. BS分析:①受取勘定の過大、②棚卸資産の過大、③固定資産の過大、④資本の不足
  2. PL分析:①売上高の不足、②売上原価の過大、③営業費の過大、④配当金の過大支払

このギルマンの「五大疾患」(あるいは八大疾患)は有名であり、現在においてもその重要性は失われていない。

山上達人『現代企業の経営分析』

« ハゲタカレシオ | トップページ | 交際費の5,000円基準 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギルマンの五つの「企業疾患」:

« ハゲタカレシオ | トップページ | 交際費の5,000円基準 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック