フォト
無料ブログはココログ

amazon

« その他流動資産比率も財務格付け評価で使われる | トップページ | 消費税:売上・仕入対価の返還等の申告書上の記載方法 »

2009年5月12日 (火)

借入金限度額の計算

1.キャッシュフロー(税引後利益+減価償却費)を例えば売上の5%と考える。

これが返済原資になります。

2.借入金の返済期間は5年で考える。

これ以上先は、返済期間としては見込めません。

3.1と2から次の計算が成り立つ

返済可能額=(年売上高×5%)×5年=年売上高の25%=年売上高の3ヵ月分

以上の算式で求められる額が、5年で返済できるMAXの金額です。すなわち、これが借りてもよい金額の上限です。

北岡修一『ココまでできる儲かる会計』

« その他流動資産比率も財務格付け評価で使われる | トップページ | 消費税:売上・仕入対価の返還等の申告書上の記載方法 »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 借入金限度額の計算:

« その他流動資産比率も財務格付け評価で使われる | トップページ | 消費税:売上・仕入対価の返還等の申告書上の記載方法 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック