フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ポーターの基本戦略 | トップページ | 倒産について »

2009年5月 3日 (日)

銀行が融資をする基準

■銀行が融資をするのは「業況が良好」かつ「財務内容に特段の問題がない」場合で、この判断基準は、概ね次の三点である。

  1. 同業同規模並みの売上げ、利益が計上されている
  2. 借入金が過大でない
  3. 業歴に見合った程度の内部留保がある。

「財務内容に特段の問題がない」というのは、

  1. 全体の借入額が資産規模、売上げ等に比して過大でない
  2. 資金の調達機関が資金使途等との関係で適正である(長・短期借入金の適正バランス)
  3. 不良資産が包蔵されていない
  4. 減価償却等が適正に実施されている
  5. 業歴・資産規模の見合った内部留保(自己資本)がある

■借入れには次の条件が必要である。

  1. 他人資本(借入金、支払手形、買掛金等)の合計が流動資産を上回らないこと
  2. 返済元本は利益で返せること(返済のために借入することが多い)
  3. 営業CF・投資CFが黒字であること

1.は、無理な資産、無駄な資産の購入を防ぎ、2.は損益分岐点を下げることにつながる、そして3.は本業に徹し、濡れ手で泡の投資活動に資金を注ぎ込むことを防ぐ。

■BSに社長への貸付金があったら、金融機関はまず融資してはくれません

■金融機関の融資担当者は、BSを現在の資産価値で組み替えるんです。

■減価償却費を計上していない会社は、当然その分を割り引いて見ています。

銀行の決算書の見方は、下(利益)からノゾいて、裏(財務状態)をメクって、なか(お金の流れ)をサグります。

■銀行は最終的には、会社の返済能力で借入金限度額を判定します。最も重視する指標が「債務償還年数」です。一般的は、借入金総額を5年分のキャッシュフローで返済できるのが理想とされています。

■銀行は決算書のどこを見ているのか?。それは借入を返済していけるかどうか、つまり「返済原資」です。銀行は、CFで会社を判断しているのです。返済原資は、次の式で求めることができます。

返済原資=当期純利益+減価償却費+社長の役員報酬-既存借入金返済額

■銀行は何を見ているか?貸す側の立場

  1. まずは、自己資本を見る
  2. 次に現預金と借入金の残高のバランスを見る
  3. 回収できないものが、どれ位あるのかを見る
  4. 簡単なキャッシュフローを見る
  5. 資金使途を確認する
  6. 最後は社長自身を見る

■「ぜひ資金を使ってほしい」と言われる財務内容

  1. 流動比率・・・150%以上
  2. 当座比率・・・100%以上
  3. 自己資本比率・・・30%以上
  4. 手元流動性(現預金)・・・月商1カ月分以上
  5. ROA・・・10%以上

■借り入れに関する二つの法則

「借入期間の短い融資は出やすいし、期間が長くなればなるほど出にくくなる」のが、融資の第一法則です。第二法則は「返済期日に一括して返済する形式よりも、毎月分割して返済する形式の融資の方が出やすい」です。このどちらも、借りる人よりも融資をする側、つまり金融機関が有利な立場にあります。金融機関としては、リスクを負担する期間が短くて済むからです。

「現金、その場限り」。念には念を入れよ。

■銀行審査のポイント

  • 安全性・・・返済能力(流動比率、自己資本比率等)
  • 収益性・・・返済能力(利益額、利益率)
  • 成長性・・・将来性(売上高<利益、業界)
  • 経営者・・・安全性(業界経験、経営経験、年齢、後継者)
  • 銀行の収益性・・・銀行の利益額(利益額、ROA)

日野上輝夫『会社をつぶす経営者・立て直す経営者』、ウエスタン安藤『決算書の読み方』、児玉尚彦『会社のお金はどこへ消えた?』、北岡修一『ココまでできる儲かる会計』、洲山『銀行にカネは返すな!』、佐藤一郎『御社にお金を貸せない理由』、FANアライアンス編『オーナー社長だからできる節税と資産づくり』、小宮一慶『「会社を経営する」ということ』

« ポーターの基本戦略 | トップページ | 倒産について »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行が融資をする基準:

« ポーターの基本戦略 | トップページ | 倒産について »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック