フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 事業セグメントアプローチとマネジメント・アプローチ | トップページ | IFRS »

2009年6月13日 (土)

中間配当

取締役会を設置した株式会社は、定款で中間配当を行う旨を定めていれば、1事業年度の途中において1回に限り、取締役会の決議により剰余金の配当をすることができる。会社法は、これを中間配当と呼ぶ。期末の配当と異なり、中間配当は株主総会の承認を得る必要がない。

しかし、会社法のもとでは、所定の要件を満たせば、取締役会で剰余金の配当を決定することができる。しかも、配当の回数制限も撤廃された。したがって、会社法の剰余金配当制度において、中間配当に特別な意義があるわけではない。

桜井久勝他『財務会計・入門』

« 事業セグメントアプローチとマネジメント・アプローチ | トップページ | IFRS »

会社法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/45327877

この記事へのトラックバック一覧です: 中間配当:

« 事業セグメントアプローチとマネジメント・アプローチ | トップページ | IFRS »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック