フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 鷲田小彌太『「自分の考え」整理法』PHP文庫 | トップページ | 永田雅乙『サービスのルール』明日香出版社 »

2009年7月27日 (月)

林望『知性の磨きかた』PHP新書

会社に入れば、根源的にこれは正しい方法だろうかどうだろうか、という問いを発するチャンスは、もう既にそこには存在しない。企業人であるからには、そういうことは考えないほうがむしろ、組織としての良き一員だというふうに規定される。「こうやれ」といわれたら、もうそれをせっせとやるよりしようがないわけです。

若いときに仕込みをしなかった人は、そこで圧倒的に若い頃の「ツケ」を支払わされる。

「この作品研究はこれですべてだね。これ以上は誰も研究できない」。学問を志す者にとってね、これに勝る褒め言葉と励ましはないでしょう。

書評というのはね、基本的に「この本読んでくださいね」というものでなきゃいけない。

« 鷲田小彌太『「自分の考え」整理法』PHP文庫 | トップページ | 永田雅乙『サービスのルール』明日香出版社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/45756881

この記事へのトラックバック一覧です: 林望『知性の磨きかた』PHP新書:

« 鷲田小彌太『「自分の考え」整理法』PHP文庫 | トップページ | 永田雅乙『サービスのルール』明日香出版社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック