フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 草間俊介『お金に学ぶ』文藝春秋 | トップページ | 浜口直太『仕事のルール』アスカ »

2009年7月 6日 (月)

ルー・マリノフ『考える力をつける哲学の本』三笠書房

いったん魂(美徳)を売り渡してしまえば、もう取り戻すことができないことは覚えておくべきだ。

あらゆるできごとは「起こるに足る理由」によって起こる。つまり、ただの偶然ではないということだ(ライプニッツ)。

組織の中では、安定と引き替えに個人の自己表現が制限される。

ヒンドゥー教や仏教の考え方では、永続性や安定といったものは幻想であるとされている。

自分の基本原則を曲げてはならない。しかし、その原則は、極端なものであってはならない。

変化ほど安定したものはない(ヘラクレイトス)。

« 草間俊介『お金に学ぶ』文藝春秋 | トップページ | 浜口直太『仕事のルール』アスカ »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルー・マリノフ『考える力をつける哲学の本』三笠書房:

« 草間俊介『お金に学ぶ』文藝春秋 | トップページ | 浜口直太『仕事のルール』アスカ »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック