フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 谷沢永一『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する』ビジネス社 | トップページ | 立花隆『「知」のソフトウェア』講談社現代新書 »

2009年7月 5日 (日)

長山靖生『謎解き少年少女世界の名作』新潮新書

『ジョリクールさんの下男』は、短い芝居で、二十分もかからなかった。だが、その稽古には、三時間近くもかかってしまった。ピタリスは、ぼくにも犬たちにも、同じ事を二度、三度、二十度とくりかえさせた。ぼくは、こうした親方の根気のよさ、そのやさしさにびっくりせずにはいられなかった。長い稽古のあいだ、親方は、一度もおこらなかった。一度も怒鳴りたてたりしなかった(『家なき子』)。

彼は、子供自身に希望と目的を与えることで動機付けをし、競争心を刺激し、子供が同じことを繰り返すのに、自分も根気よくつき合ってやることで、「教育」を達成してゆく。子供を相手にするときは、辛抱強さが肝要だ。

« 谷沢永一『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する』ビジネス社 | トップページ | 立花隆『「知」のソフトウェア』講談社現代新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/45541553

この記事へのトラックバック一覧です: 長山靖生『謎解き少年少女世界の名作』新潮新書:

« 谷沢永一『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する』ビジネス社 | トップページ | 立花隆『「知」のソフトウェア』講談社現代新書 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック