フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 村田昭治『毎日快晴』世界文化社 | トップページ | 原田隆史『カリスマ体育教師の常勝教育』日経BP社 »

2009年7月20日 (月)

轡田隆史『「考える力」をつける本』三笠書房

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。人生は十分に長く、その全体が有効に費やされるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている(セネカ)。

良い問いは答えより重要だ。

科学であろうと芸術であろうと、前のものを否定したり肯定したりする中から「オリジナル」が出てくるのである。

俳聖・松尾芭蕉がいっているではないか。松のことは松にきけ、竹のことは竹にきけ、と。「探す」とは「問う」ことなのである。

« 村田昭治『毎日快晴』世界文化社 | トップページ | 原田隆史『カリスマ体育教師の常勝教育』日経BP社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 轡田隆史『「考える力」をつける本』三笠書房:

« 村田昭治『毎日快晴』世界文化社 | トップページ | 原田隆史『カリスマ体育教師の常勝教育』日経BP社 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック