フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大前研一『世界が見える日本が見える』講談社文庫 | トップページ | 川喜多二郎『続・発想法』中公新書 »

2009年8月 7日 (金)

渡部昇一『続知的生活の方法』講談社現代新書

ナポレオンは目標点さえわかっていれば、それに向かって直進する必要はない、といったそうである。迂回してもよいし、停滞してもよい。ただそうしているうちに志が消えてしまうことさえなければ。

カントは五十七歳で『純粋理性批判』を、六十四歳で『実践理性批判』を、六十六歳で『判断力批判』を、六十九歳で宗教論を書いているのである。

« 大前研一『世界が見える日本が見える』講談社文庫 | トップページ | 川喜多二郎『続・発想法』中公新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/45861295

この記事へのトラックバック一覧です: 渡部昇一『続知的生活の方法』講談社現代新書:

« 大前研一『世界が見える日本が見える』講談社文庫 | トップページ | 川喜多二郎『続・発想法』中公新書 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック