フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月24日 (木)

谷原誠『「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いか』あさ出版

私たちは、それぞれが異なる環境で育ち、異なる価値観を持って生きています。

論理が通用しない人とは、そもそも議論をする必要はありません。

法律の解釈をするには、立法趣旨にさかのぼれ。

公知の事実・・・誰でも常識で知っている事実(公知の事実)は立証する必要がない。

司法試験の論文の骨子

  1. 問題提起
  2. 結論
  3. 理由づけ
  4. 事例への当てはめ

裁判では、過去の判例が重視されます。特に最高裁の判例があれば、通常はその判例に従って判決が下されます。

法律の世界では、ある議論をする際に、問題となっている言葉の定義を明確にしてから議論をします。

帰納法は、個々の事例が集積されればされるほど説得力が増していきます。

民事訴訟は、だいたい一カ月に一度しか裁判が入りません。

予想される批判に先回りして答えてしまえば、相手の次の攻撃を減殺し、かつ自説を補強することができるのです。

民事事件では、基本的に権利を主張する者が立証責任を負担します。

人間は、質問されると、とにかくその質問に答えなければならないような気になります。

二分法を疑うポイント

  1. 選択肢に示された言葉の定義は明確か
  2. 選択肢は本当に二つしかないのか(三つ目、四つ目はないのか)
  3. 選択肢は、性質上、あるいは時間の経過によって両立することがないと言えるか

議論においては、沈黙したほうが負けという「暗黙のルール」があります。

議論そのものを疑え。

設問に縛られてはいけないのです。

思考に縛りをかけてはいけない。

世の中の事象には、二つの選択肢でくくれないことのほうが圧倒的に多いものです。二者択一というのは、それ以外の可能性がないときに初めて成立するのです。

2009年9月14日 (月)

齋藤孝『コメント力』筑摩書房

欧米人にとって、人と同じであることは個性がないということであり、それは恥だという価値観がある。

何かを批判するとき、それは自分の嫉妬心から出ているものではないか、自分自身に問うてみるのだ。

軽部征夫『独創力をつける』

アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもないということである。これは、アイデアを作る場合の最も大切な事実である。

欧米の科学者に同じテーマを与えたとしても、このテーマの意義は何であるか、社会的なインパクトは何か、このテーマの研究を行った人はいるのか、どんな成果が得られるかなどいろいろ思考をめぐらし、テーマを遂行するかどうかについて結論を出す。

常識を疑うこと、人と違ったことをするのに違和感を持たないこと(利根川進)。

ブレーンストーミングでは、なるべく意見の違う人を集める必要がある。

2009年9月10日 (木)

秋山ゆかり『1日30分「思考力」エクササイズ』PHP

■スキャンパー(SCAMPER)のチェックリスト

1.Substitute(入れ替えたら?)

2.Combine(合体させたら?)

3.Adapt(応用したら?)

4.Modify(修正したら?)

5.Put to other uses(使い道を変えたら?)

6.Eliminate(取り除いたら?)

7.Rearrange/Reverse(並べ替えたら/逆にしたら?)

■スマートアート(Officeソフト)

斎藤顕一『問題解決の実学』ダイヤモンド社

仮説を設定するには、次の3つのステップを経ることが必要です。

  1. 第1に、状況を詳しく知っている当事者や関係者にインタビューする。
  2. 第2に、すぐに取れる情報やデータをできるだけ幅広く集め(深く掘り下げるのは後でよい)、それらを分析する。
  3. 最後に、インタビュー結果や分析された情報やデータを、類推できることを含めて、帰納的にまとめあげる。

売上が下がるなら、売上原価は変動費(販売会社の場合)で売上の低下分とともに下がるはずですから、粗利率が下がった理由にはなりません。値引きによって粗利率は下がります。

受付の仕事。きみの使命は、会社に電話してきた人や訪問する人たちに、“この会社は、なんてプロフェッショナルな会社なんだろう”と感じさせることにあるねん。そう感じてもらえるために必要な取組みを自分で考えて提案してや。

数値だけを追い求めたら、お客様はみなさんの会社を普通の会社だと思う。そうしたら、会社の将来は、きっとつまらないものとなる。

SOLO(グラフ作成ソフト)

2009年9月 9日 (水)

照屋華子・岡田恵子『ロジカル・シンキング』東洋経済新報社

大事なことは「私が申し上げたいこと」ではなく「私がいま答えるべき課題(テーマ)について相手に伝えるべきメッセージ」であることである。メッセージとは、次の3つの要件を満たしているのものだ。まず、そのコミュニケーションにおいて答えるべき課題(テーマ)が明快であること。第2に、その課題やテーマに対して必要な要素を満たした答えがあること。そして第3に、そのコミュニケーションの後に、相手にどのように反応してもらいたいのか、つまり相手に期待する反応が明らかであることだ。「課題」「答え」「相手に期待する反応」の3点セットが、本書で定義するメッセージである。

ビジネスにおいて課題の答えとして備えるべき要素は、課題によって異なるものではない。答えの要素はたった3つだ。それは、「私の答えを一言で申し上げれば、要するに・・・」といって説明する答えの核の部分である「結論」、そしてなぜその結論なのか、結論の妥当性を説明する「根拠」、さらにその結論がアクションである場合には、それをどうやって実行するのかを説明する「方法」だ。

・「結論」が伝わらないときの2つの落とし穴

  1. 結論は「課題の答えの要約」であって、「自分の言いたいことの要約」ではない。
  2. 「状況に応じて」「場合によっては」に要注意。付帯条件は同床異夢の温床。

・「根拠」が伝わらないときの3つの落とし穴

  1. 「Aが必要だ、なぜならAがないからだ」では相手は納得しない。
  2. 「それは事実ですか? それともあなたの判断、仮説ですか?」と思わせた途端に、信憑性は半減する。
  3. 「前提条件や判断基準」「言わずもがな」「当たり前」と思っているのは伝え手だけ。

・「方法」が伝わらないときの2つの落とし穴

  1. 他の会社、10年前でも通用するような公理では人は動かない。
  2. 修飾語で物事が具体的になることはない。

神田昌典『仕事のヒント』フォレスト出版

売り上げが上がる月には、積極的に宣伝を。売り上げが上がらない月には、品質改善を。

不景気には時を待つ。経済界が不況の状態にあるとき「ムリをせずに、『ヒマはヒマで仕方がない。これは一時的な現象なのだから、この機会に改めるべきは改めて、日ごろ怠りがちだったお得意に対するサービスをしておこうとか、機械の手入れすべきものはしておこう』というような態度をとっている会社は、少しも衰えずに、かえって時を得て発展するという姿になっているのです」と。松下氏の言葉は、不況期には、うろたえていらざることに手をひろげ、取り返しのつなかい損失をこうむることのないよう心がけよという教訓である。奥村『現代企業を動かす経営理念』

2009年9月 7日 (月)

袖川芳之『クリエイティブ頭のからくり』

マーケティングにおいては、「問題」とは目の前に立ちはだかる障害のすべてを言います。一方「課題」は問題のうちの解決可能な部分である、と考えます。

営利事業であっても、お金儲けを第一の目的に営業する会社と、人や社会に喜びを与えるために営業していてその結果としてお金がついてくるという意識の会社とでは、将来的な成長力に差が出てきます。

情報過多の時代には、一つの分野で一人あるいは一つの英雄だけで十分なのです。

中谷巌『愚直に実行せよ!』PHPビジネス新書

ウィリアム征服王の意図は何であったか。まず、兵士にことの重大性を認識させ、もう後戻りはできないことを強く認識させること。そして、リーダーであるウィリアム公自身も、負けた場合に自分だけが逃げて帰るということはいっさい考えず、兵士達と運命を共にするという強い決意を全員に明確な形で示すこと。この二点であった。もう後戻りはできないこと、そして、リーダーの決意が本物であることを知った兵士は、おそらく普段の数倍の力を戦闘で発揮したに違いない。

どれだけ本気かを、世間は鋭く察知する。

神田昌典『もっとあなたの会社が90日で儲かる!』フォレスト出版

お客を増やすことに絞ると、ビジネスっていうのは、極めて簡単な仕組みであることが分かる。次の三つの流れを継続的に実践すれば、どんな会社でも必ず繁栄する。①費用効果的に、見込客を獲得する。②その見込客を、既存客にする。③その既存客にリピート購買してもらう。

ビジネスではね、常識だと思われていることに、あまりにもウソが多い。

行動させるには、小学生でも分かる言葉を使わないといけない。

神田昌典『あなたの会社が90日で儲かる!』フォレスト出版

実は、価値には二通りある。絶対的な価値とお客が感じる価値である。

できる営業マンを分析していくと、共通する特長がある。ほとんど例外なく、しゃべらないのである。

悪徳業者が儲ける理由は、商品を売る前に、人間関係を売るからである。

すべての生物は、アメーバを含めて、次の場合に行動を起こす。①快楽を求める。②苦痛から逃れる。行動する原因は、この二つしかない。しかも人間もアメーバも、快楽を求めるよりは、苦痛から逃れるほうが、より強い行動要因になるのである。

マス・マーケティング、ワン・トゥ・ワン・マーケティング等、こんなに多くの方法論があるかというと、ぶっちゃけたところ、コンサルタントが食っていくためである。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック