フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 本日の映画 »

2009年12月20日 (日)

轡田隆史『「考える力」をつける本3』三笠書房

若者たちの、いわゆる「ツッパリ」を大人はあれこれいうけれど、髪の毛を黄色や茶色にして生きるのは、けっこう、大変なのである。すごくシンドイ。「ツッパリ」を「卒業」した若者が、そう述懐しているのを耳にしたことがある。

平凡なことを平凡なままに、きちんとソツなくこなす。そのような平凡が積み重なったものを「美技」というのである。

忘れたと云う事と、もとから知らなかったと云う事とは大変な違いだと云う事は今申した通りです。

忘れてしまったのは、それが記憶するに値しないからだ。

「奇跡」は繰り返せないからこそ奇跡なのである。

「考える」とは、基本と原則に戻って考えることである。

« 本日の映画 | トップページ | 本日の映画 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/47069459

この記事へのトラックバック一覧です: 轡田隆史『「考える力」をつける本3』三笠書房:

« 本日の映画 | トップページ | 本日の映画 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック