フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

本日の映画

・マグノリア

・ブレイブハート

・ザ・フォール:落下の王国

・恋とスフレと娘とわたし

・アラビアのロレンス

・バーナード・アンド・ドリス

・ユー・ガット・メール

・グッバイ・ガール

・カジノ

・若草物語

・レベッカ

・イヴの総て

・いまを生きる

・普通の人々

ダン・S・ケネディ『大金持ちをランチに誘え!』東洋経済新報社

「思考」よりも「行動」。すぐに行動する。

ほとんどの男と女は、静かなる絶望の人生を送る。

古典とされるような本にこそ、普遍的な成功の極意がちりばめられている。

何ごともタダでやってはいけない!

あなたが自分の時間を高く評価しないのだったら、誰もあなたの時間を高く評価しない。これは断言できる。

内なる助言者の声に耳を澄ませ!

大金持ちをランチに連れて行きなさい。肉汁がしたたるようなぶ厚いステーキと上等のワイン、それにデザートをご馳走するのさ。それで、次から次へと聞きたいことを質問しては、じっと耳を傾ければいいんだよ。

高収入とは、ほとんどの場合、「この人の代わりを見つけるのがどれくらい難しいか」という質問への答えで決まってくる。

誰かが見つけてくれないかなあ、認めてくれないかなあ、注目してくれないかなあ、とただ待っているなら、起こることはただひとつ、年を取るということだ。それだけである。

2010年3月29日 (月)

中島義道『差別感情の哲学』講談社

差別感情の考察において、「子供が学校に行くのはあたりまえ、大人の男が働くのは当然」と真顔で語る人こそ、差別問題を真剣に考えている人にとって最も手ごわい敵である。なぜなら、彼らはまったく自らの脳髄で思考しないで、ただ世間を支配する空気に合わせてマイノリティー(少数派)を裁いているのだから。しかも、そのことに気づかず、気づこうとしないのだから。

2010年3月28日 (日)

本日の映画

・恋愛適齢期

・マイ・ビッグ・ファット・ウエディング

・いつか眠りにつく前に

・三つ数えろ

・ミセス・ダウト

・デンジャラスな妻たち

・バージニアウルフなんかこわくない

・何がジェーンに起こったか?

・最後の晩餐:平和主義の連続殺人

・あの日の指輪を待つきみへ

・幸せのポートレート

・戦争と平和

2010年3月24日 (水)

木全賢『売れるデザインの発想法』ソフトバンク新書

アイデア会議の心構え(アイデア会議の六カ条)

  1. アイデア会議の席では自由に発想し、評価しない
  2. アイデアを出した人に、アイデアの結果責任を押しつけない
  3. アイデア会議参加者の情報レベルを合わせる
  4. アイデア会議参加者は三人以上。性別・年齢・文系理系など雑多なほうがいい
  5. エンドユーザーの立場に立って発想する
  6. アイデア会議には慣れが必要。何回もアイデア会議を繰り返すこと

2010年3月22日 (月)

本日の映画

・トスカーナの休日

・ハッカビーズ

・クラッシュ

・さよならゲーム

・彼女を見ればわかること

・8人の女たち

・シカゴ

・アイ・アム・サム

・ヘンダーソン夫人の贈り物

・ダンサー・イン・ザ・ダーク

・歌え!ロレッタ愛のために

・輝ける女たち

・ウエディング宣言

・マネー・ピット

2010年3月18日 (木)

末弘厳太郎『法学入門』日本評論社

法律の主たる目的は権利の保護であって義務の賦課ではない。

自分と反対の説を書いていても筋道さえ通つていれば良い点をつけるのが通例。

結論よりは寧ろその結論が導き出された経路に注意しなければいけない。

この学問がいつたいどういう目的をもつものであるか。

法令はすべて解釈を予定して書かれている。

或る専門の研究に従事する以上、その専門に関する限り是非とも読まねばならない本が必ずあるものだ。

人間は自ら解決しうることだけを問題にするものだ。

末弘厳太郎『嘘の効用』日本評論社

生徒自身をして実験をさせて自ら原理を会得させるほうがいい。

学生にほんとうの法律を教えるには、理屈を超越した、言葉ではいい表わせない、味をも教えなければならないのです。

大切なことの一つは、学生がなにかをたずねたとき、先生自らの知らぬことはいさぎよく知らぬと明答すること、他の一つは学生が誤つた答え、愚かな答えを与えたときけつして笑つてはならぬ。ほかの学生にむかつて笑うべき機会を与えてさえもならぬ。

知識の極致に達すると直感と理論とがおのずから一致する(直感と理論との一致が知識の極致)。直感の価値を軽視してはいけない。

邱永漢『商売の原則』ごま書房

いままでの仕事とまったくかけ離れた夢のようなことを考えるまえにすることがある。

不動産の三原則:①借金の利息の払えない投資はしない、②細かく割れない不動産は持たない、③人のいないところには投資しない

「商い」というからには、一年じゅう「飽きない」でやらなきゃいけないんです。

つねにシロウトの発想をたいせつにしていたことが、事業の成功をもたらしたんだと思います。

本に書かれていることは、いままでその道を生きてきた人の遺産なんです。

商売に成功した女の人は、みんな不美人ですよ。

お客をどの層に絞るかがひじょうにだいじなことなんです。

一人当たりの客単価というものも十分計算に入れなければならない。そこに住んでいる人の支払い能力を超えるような値段をつけても、仕方がないのです。

要は、魚のいっぱい泳いでいるところにエサをまくことがたいせつなんです。

サービス業を成功させる三つの要素:①うまいかまずいか、②高いか安いか、③サービスがいいか悪いか

本日の映画

・フライングハイ

・リトル・ミス・サンシャイン

・アメリカン・ビューティー

・RV

・モナリザ・スマイル

・恋愛小説家

・我が闘争

2010年3月14日 (日)

本日の映画

・幸せのルールはママが教えてくれた

・暴力脱獄

・女と女と井戸の中

・雨月物語

・レナードの朝

・許されざる者

・ミッドナイトエクスプレス

・コール・ガール

・セルピコ

・ジェイン・オースティンの読書会

・グランドホテル

・ビッグ

2010年3月 7日 (日)

本日の映画

・赤線地帯

最後に薮田でてる。

・ティファニーで朝食を

・旅情

・情婦

・ガルシアの首

・ブリジット・ジョーンズの日記2

・八月のクリスマス

・ウディ・アレンのSEXのすべてについて教えましょう

・地獄に堕ちた勇者ども

・祇園の姉妹

・テルマ&ルイーズ

・グッド・ガール

・普通じゃない

・プリティ・リーグ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック