フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 齋藤孝『声に出して読みたい日本語』草思社 | トップページ | 本日の映画 »

2010年4月 9日 (金)

荻野文子『ヘタな人生論より徒然草』河出書房新社

さしたる用もないのに、人のところにいくのは、よくないことである。用があっていったとしても、そのことが終わったら、すぐに帰るのがよい。

自分よりも弱いものをいじめて得る快楽ほど、劣悪な欲望はないのである。

どのジャンルであろうと、最高の技量を備えるとともに、最悪のシミュレーションができている人を、プロという。

業績も学歴も、信念に裏づけられた「威厳」には敵わない。

アウン・サン・スー・チーは、化粧などしなくても、髪にさした小花ひとつで輝いている。

上位の者は下位の者の立場に立ち、知恵ある者は愚かな者の側に立ち、裕福な者は貧しい者の心になり、才能ある者は才能なき者の身になるべきである。

「もうだいじょうぶ」と安心した瞬間から「転落」がはじまる。

安心は失敗のもと。完璧は破綻の前兆。

« 齋藤孝『声に出して読みたい日本語』草思社 | トップページ | 本日の映画 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/48039467

この記事へのトラックバック一覧です: 荻野文子『ヘタな人生論より徒然草』河出書房新社:

« 齋藤孝『声に出して読みたい日本語』草思社 | トップページ | 本日の映画 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック