フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 帝国データバンク『百年続く企業の条件』朝日新書 | トップページ | 和田秀樹『頭のいい人の「質問力」と「返事力」』新講社 »

2010年5月 3日 (月)

養老孟司他『バカにならない読書術』朝日新書

二宮金次郎の伝記では、薪を背負いながら、「本を読んだ」、つまり寸暇を惜しんで勉強したことを偉いと言っている。そうではありません。大事なのは「薪を背負いながら」の方なんです。家が貧しく、幼いころから手伝いをさせられた。どうすれば薪を効率的に運べるか、少しでも肩が痛くならない背負い方はないか、近道はないか、幼いなりに考えたでしょう。そうしながら本を読んだ。だからこそ、本をよりよく理解できた。「知育」「徳育」「体育」が子どものころから循環していたわけです。もし、ずっと家の中にいて本ばかり読んでいたら、「尊徳」にはなれなかったと思います。

« 帝国データバンク『百年続く企業の条件』朝日新書 | トップページ | 和田秀樹『頭のいい人の「質問力」と「返事力」』新講社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/48252588

この記事へのトラックバック一覧です: 養老孟司他『バカにならない読書術』朝日新書:

« 帝国データバンク『百年続く企業の条件』朝日新書 | トップページ | 和田秀樹『頭のいい人の「質問力」と「返事力」』新講社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック