フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

本日の映画

・ゴッドファーザーPART3

・荒馬と女

・スミス夫妻

・フォー・ザ・ボーイズ

・ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

・シモーヌ

・ゴッドファーザーPART2

・幌馬車

・アニーよ銃をとれ

・レディ・キラーズ

・ケープ・フィアー

・ポルノ・スター ロン・ジャーミーの伝説

・キル・ビル1

・セルラー

・デュプリシティ

・キル・ビル2

2010年6月28日 (月)

外山滋比古『老楽力』展望社

老人訓

  1. ころぶな
  2. カゼひくな
  3. 義理を欠け

2010年6月20日 (日)

今井繁之『仕事ができる上司の質問術』実務教育出版

鋭い上司の〝4つの質問〟

  1. 何を決めるのか?
  2. 狙いは何か?
  3. 他に方法はないのか?
  4. 何かまずいことはないのか?

本日の映画

・二十四の瞳

・推定無罪

・ココ・シャネル

・ニック・オブ・タイム

・ベートーベン

・もしも私が大統領だったら

・ブラッド・ワーク

・イレイザーヘッド

・荒武者キートン

・天国の日々

2010年6月14日 (月)

長勝盛『小商人のすすめ』現代書林

歴史上で最も成功したビジネスは、キリスト教であるという人がいるくらいです。

わしがあんたと付き合ったのは、なぜだと思う? シチズンの社員だからじゃないよ。あんたが、わしのテストに合格したからだ。

つまり人生は、「目立たなければ負け!」ということです。

ムダな努力をなくすには、第一に『平均思考』をやめること。焦点を絞ることです(パレートの法則)。

  1. 顧客リストに1000人のデータがあれば、この3年間の累計買上げ金額の上位30%(300人)を選び出す
  2. その300人のデータを分析し、共通点を調べる
  3. 共通点を参考に、将来性などを加味して300人をさらに200人に絞り込む
  4. 企画祭事展示会などの案内には、この200人を絶対に欠かさない
  5. 仕入れや陳列の方法、企画の内容も、この200人を念頭に置いて考える
  6. この200人には、機会があるたびに特別なサービスを実施する
  7. この200人の誕生日は絶対に忘れない
  8. この200人の家族構成やその変化には、いつも目を向けている
  9. この200人には売りすぎることなく、長期的なつき合いを優先する
  10. この200人には会社・店の総力をあげて奉仕する

恋愛がヘタで、商売のうまい人はいない。

「あれ、美容室へ行ったの? とてもよく似合うよ」。髪型や服装を誉められて喜ぶのは、誉められたことが嬉しいという以上に、相手が自分に関心を持ってくれたことが嬉しいのです。

女性にモテるのに言葉はいらない。〝へえ〟〝そう〟〝ウッソー!〟の3つを知っていればいい。

人に与えたものは、3倍になって戻ってくる。

この世の中で何かを成し遂げ、世の役に立った人達は、概して高学歴や家柄ということではなく、幼稚園時代に教わったことを一生、守り継続できた人のようである(松下幸之助)。

2010年6月12日 (土)

本日の映画

・勝利への脱出

・スミス都へ行く

・ファイナルカウントダウン

・スカーフェイス

・死亡遊戯

・かまきり夫人の告白

・踊れ トスカーナ!

・華麗なる賭け

・ニューヨークニューヨーク

・大いなる幻影

・めぐり逢い

・お葬式

2010年6月 9日 (水)

トム・ピーターズ『知能販のプロになれ!』TBSブリタニカ

ビル・マタソーニは、書類整理という雑用を、戦略的知識共有プロジェクトに変えてしまった。

すべてにして、肝心かなめなのもの、それは挑発だ!

世の中を変えるプロジェクトは、人びとを挑発する。

奇人変人がたくさん集まって、世にも不思議なものを次々と生み出している。正気とは思えぬ偉大なものは、正気とは思えぬ大博打からしか生まれてこない。

地位にかかわりなく、どんなに忙しくても、誰か困っている人がいたら、自分の仕事を放り出して、助けに駆けつけなければならない。それを徹底したことが、イマジネーション社発展の秘訣であると。

クライアントを安全地帯から引っ張りだせ。

私たちはすごいことをやる。すごいものが欲しけりゃ、うちに買いに来い。

暗いムードをまきちらすヤツは、つまみ出せ。

呆れるほど社交嫌いの変わり者を大事にしよう。彼らは、お客さんのことを思えばこそ、お客さんと無駄話をしている暇などないのだ。

人は出世すると、自分に似た人間をまわりに集めたがる。これが往々にして命取りになる!

プロ集団には、金看板が必要であり、切れ者も常識人も必要だが、同時に、おかしなことを質問する変わり者、常人とは違ったレンズで世界を見る変わり者も必要なのである。

すげえ! きれい! インパクト 非凡

不滅の広告をつくれ

俺をびっくりさせてみろ

つまるところ、企業も個人も、好きなことをやるしかない。ほんとうに好きなことなら、どんな努力も苦にならない。嫌いなことを無理してやったって仕方がないだろう。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック