フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | トム・ピーターズ『ブランド人になれ!』阪急コミュニケーションズ »

2010年10月 4日 (月)

消費税額の概算法

■消費税の納税資金の負担が重く感じる主な原因

・人件費(給与・法定福利費) ・減価償却費 ・保険料 ・租税公課 ・地代 ・支払利息

■納税資金の目安

法人の当期の損益に主に課税仕入等に該当しない費用の金額を加算した額の5%相当額を算出することによって、その課税期間の消費税の納税資金を算定することができます。なお、固定資産やゴルフ会員権の売買がある場合には、別に算定します。

当期の損益+給与+法定福利費+減価償却費+支払保険料+租税公課+支払地代+支払利息-受取利息配当金=算出額×5/105

森田純弘『法人税・消費税と資金繰り』大蔵財務協会

« 本日の映画 | トップページ | トム・ピーターズ『ブランド人になれ!』阪急コミュニケーションズ »

消費税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税額の概算法:

« 本日の映画 | トップページ | トム・ピーターズ『ブランド人になれ!』阪急コミュニケーションズ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック