フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

本日の映画

・ジャック

・最終爆笑計画

・レインメーカー

・ピンクパンサー2

・ジム・キャリーは、Mrダマー

・ブラス!

・ブラック・レイド

・ベリー・バッド・ウエディング

・ヘンリー

・デビルスピーク

2010年12月19日 (日)

本日の映画

・マルサの女2

・明治天皇と日露大戦争

・オーケストラの少女

・飢餓海峡

・カビリアの夜

・ハリーとトント

・リーサルウエポン2

・ゾンビーノ

・ザ・テロリスト

・降霊

・デッドフォール

・バグド

・ニューヨーク東8番街の奇跡

・永遠に美しく

・アライバル

・ショーン・オブ・ザ・デッド

・リンダ・ブレアのグロテスク

・スーパー・バッド 童貞ウォーズ

・馬小屋

・臨死

・告発の行方

2010年12月 9日 (木)

一倉定『社長の販売学』産能大学出版部刊

企業の成果は販売によって得られる。

まず、何をおいても、お客さまの要求をつかまなくてはならない。最良の方法は、社長自らお客様のところを回ることである。社長以外の人が回るのと、その差は天と地ほど違う。

情報伝達で必ず起こる〝誇張と省略〟。

売上を上げたかったなら、お客様のところへ行って教わってくるしか手はないのである。

サービスとはお客様の要求を満たすこと。

死に筋は仕入れないことである。

来客に挨拶するとしないとでは、会社の印象が天と地ほど違うのである。

我社に来る人は、たとえ乞食であってもお客様である。

日本人は、人間関係を最も大切にし、他のすべての国の人々は原則を最も大切にする。

業績のよい会社をみると、申し合わせたように他社ではやっていないような面倒臭いサービスをやっていることに気づく。

よい業績、よく売れる商品、喜ばれる仕事というものは、必ず面倒臭く、能率が悪いものである。楽をしたらダメである。

お客様が何を望んでいるのか、競争相手はどんな活動をしているかこそ、会社の関心事である。

不達成や不成績の理由を聞くことは、〝百害あって一利ない〟のである。

三ケ月章『一法学徒の歩み』有斐閣

私は学生諸君に、「ダットサン」的な本でなく、大きな本や論文集を読むように常にすすめるのだが、その一つの理由は、そういうものにくいついているうちに、自ら早読みやとばし読みの要領や、活字になったものの鑑識眼を会得するにちがいないと思うからである。

2010年12月 6日 (月)

野口吉昭『考え・書き・話す「3つ」の魔法』幻冬舎

問題・原因・解決策の「3つ」を意識しているのかどうかが、大きなポイントです。これは報告だけでなく、あらゆる仕事で必要なことなのです。

猪鹿蝶。これは3つのうちの1つが異質なものだから効果があるのです。3つのうち1つだけ異質なものが入ることで、ニュアンスの違うおもしろさや厚みが出てくるのです。そして、そこから新しい発想が生まれてきます。同じ軸で2つ、そして、違う軸で1つ。これがポイントですね。発想の転換、発想の異相化という意味です。

まず「結論」があり、そうなる「根拠」として3つのポイントが挙げられ、それぞれに根拠となる「事実」が3つずつ並びます。

レポートの最初に現状と結論を持ってくると、文章全体の構成が見えてストンと理解しやすくなります。

ビジネス文書では「結」を最初に持ってくるのです。そうすることで、論点が明確になり、読むほうも理解しやすくなります。

30秒しか時間がないときでも、1時間の講演のときでも、全体の構成に必要なものは、「総論」「各論」「結論」の3つ。これをきっちり組み立てるだけで、話がわかりやすくなります。

「えー」「あのー」「まぁ」「そのー」、このヒゲをなくすだけで、自信ありげに聞こえるから不思議です。

本日の映画

・ジャイアンツ

・喝采

・マンハッタン・ラプソディ

・ハンナとその姉妹

・勝利の朝

・怒りの葡萄

・バックマン家の人々

・詩人の血

・ハロウィンⅡ

・スリング・ブレイド

・バッド・サンタ

・フラガール

・エターナル・サンシャイン

・遊星からの物体X

・クリムゾン・タイド

・THE CORE

・それでも恋するバルセロナ

・私がクマにキレた理由

・バタリアン1・2・3

・マフィアの妻たち

2010年12月 2日 (木)

尼僧物語

あなたが神のために犠牲を払う願ってもない機会です。

謙譲の心でテストに落ちることができますか?

謙譲に条件をつけるの?

あなたは見返りを求めているわ。

院長がご存じという満足感を求めている。

真の犠牲は目立ちませんし、神だけがご存じです。

〝善行を施し 速やかに去れ〟

神に尋ねなさい。これは願ってもない機会ですよ。

永遠の中の一瞬です。

神があなたの魂に近づこうとなさっているのです。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック