フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 三ケ月章『一法学徒の歩み』有斐閣 | トップページ | 本日の映画 »

2010年12月 9日 (木)

一倉定『社長の販売学』産能大学出版部刊

企業の成果は販売によって得られる。

まず、何をおいても、お客さまの要求をつかまなくてはならない。最良の方法は、社長自らお客様のところを回ることである。社長以外の人が回るのと、その差は天と地ほど違う。

情報伝達で必ず起こる〝誇張と省略〟。

売上を上げたかったなら、お客様のところへ行って教わってくるしか手はないのである。

サービスとはお客様の要求を満たすこと。

死に筋は仕入れないことである。

来客に挨拶するとしないとでは、会社の印象が天と地ほど違うのである。

我社に来る人は、たとえ乞食であってもお客様である。

日本人は、人間関係を最も大切にし、他のすべての国の人々は原則を最も大切にする。

業績のよい会社をみると、申し合わせたように他社ではやっていないような面倒臭いサービスをやっていることに気づく。

よい業績、よく売れる商品、喜ばれる仕事というものは、必ず面倒臭く、能率が悪いものである。楽をしたらダメである。

お客様が何を望んでいるのか、競争相手はどんな活動をしているかこそ、会社の関心事である。

不達成や不成績の理由を聞くことは、〝百害あって一利ない〟のである。

« 三ケ月章『一法学徒の歩み』有斐閣 | トップページ | 本日の映画 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一倉定『社長の販売学』産能大学出版部刊:

« 三ケ月章『一法学徒の歩み』有斐閣 | トップページ | 本日の映画 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック