フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 竹田陽一『1枚のはがきで売上げを伸ばす法』中経出版 | トップページ | シドニー・フィルケルシュタイン『名経営者が、なぜ失敗するのか』日経BP社 »

2011年2月16日 (水)

渡辺健介『世界一やさしい問題解決の授業』ダイヤモンド社

どんなに大きく複雑に見える問題でも、いくつかの小さな問題に分解すれば解けるのです。

問題解決とは、ひらたくいえば、現状を正確に理解し、問題の原因を見極め、効果的な打ち手まで考えぬき、実行することです。

仮説とは、まだ正しいかどうかはわからないけれど、「これが答えじゃない」と思える仮の答えです。仮説は間違っていてもよいのです。間違っていることに気づいたら、仮説を修正すればよいだけの話しです。

仮説が正しいかどうかを検証するには、1つずつ「根拠」や「前提」が正しいことをチェックしていけばよいのです。

仮説を検証するときは、なるべく事実に基づいた数字やデータを使ってチェックすることが大切です。自分がなんとなく(感覚で)正しいと思っていたことが実は思い違いだった、ということはよくあるからです。

具体的な課題は何か、現時点での仮説とその根拠は何か、仮説を確かめるには、どんな情報を集めて分析する必要があるのか、を明確にすると、問題解決の確率はグンと上がります。

« 竹田陽一『1枚のはがきで売上げを伸ばす法』中経出版 | トップページ | シドニー・フィルケルシュタイン『名経営者が、なぜ失敗するのか』日経BP社 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺健介『世界一やさしい問題解決の授業』ダイヤモンド社:

« 竹田陽一『1枚のはがきで売上げを伸ばす法』中経出版 | トップページ | シドニー・フィルケルシュタイン『名経営者が、なぜ失敗するのか』日経BP社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック